マイ家族流BBQ

English Here

c0120817_44759.jpg

アメリカのバーベキューとはひと味違う我が家のバーベキュー。システム作りは完璧!!!うちの畑でとれたジャガイモを炭火であぶってます。
c0120817_3185878.jpg


c0120817_45525.jpg


c0120817_3213391.jpg

そして、少しずつテーブルのセッティングもできてきました。

c0120817_472644.jpg

小さなコース料理のように、突然「そうめん」が出てきた。この演出はなかなか素敵だったなぁ。

c0120817_48540.jpg


c0120817_495848.jpg

さて、この真ん中の白いサラダ。たしか「エンジュロージャー」だったと思うんだけど(微妙)
アメリカのBBQパーティなどに呼ばれると、いつもこれがでてきます。レシピは聞かなかったんだけど、自己流で作ってみました。

◎市販で売っているサワークリーム1パック〜1パック半(一人分のヨーグルトの容器サイズが売っています。メイトーだったか、小岩井だったか…)

◎マシュマロ(今回はアメリカから持参してきたのだけど、大きいものだったら小ぶりにカットしてみてください。2カップから4カップほどあればいいかな…)

◎みかんの缶詰(汁も少し混ぜますので取っておいてください)

◎パイナップルの缶詰もしくはフレッシュのパイナップル

◎ブドウ、マンゴーなどその他フルーツ

◎炒ったクルミ

これらをミックスすると、そういった味になります(なんてテキトー(笑)こういうのだから母によくおこられます)
以下の写真のような感じであれば、いいんでないかな(笑)食パンに挟んでフルーツマシュマロサンドイッチにしてもいいかもね。しかし、これ、はまったら止まらない(汗)うちの従兄弟が「うめぇうめぇ」って食べまくってました。
c0120817_410155.jpg


c0120817_4155088.jpg

さて、肝心の肉が写ってない(笑)このあと、肉が出てきましたよ(笑)

大変だったのは「ヤブ蚊対策」蚊取り線香ガンガンにつけてました。音響もスタンダードなジャズをかけて。
c0120817_414345.jpg


家族のみなさま、ごちそうさまでございました。最高!!!
c0120817_412613.jpg

by mimicafe2007 | 2009-09-03 01:42 | FOODS

いなかの風景

English Here

c0120817_8241117.jpg

金沢駅へ着くと、あれま、電車時間が迫っていて、さっさと休まずに乗り込みました。9時台後半の週末ともあって、満席満員。わたしら2人して、でっかい荷物。ちょいと恥ずかしかったりしましたが(笑)羽咋を過ぎれば、もうガラガラ。昔から比べるとハイテクになった電車は、しかしながら乗り時間は同じという…無言です(笑)

まあ、我々、疲れはピークでございまして、駅では父が待っており、家まで車。もうすでに11時。窓から見える景色、私からするとシンプルな町並みだけど、アンドリューさんから見ると、「おおおおおおっ、素晴らしい、美しい」と見えたわけで(笑)

さて、家に着くと母が迎えてくれて、あらためて「はじめまして〜」まあ、スカイプで何度か面識はあるんだけど。以外や父の英会話が、ちゃんと通じていたのでありました。父の頭脳は図書館なみなので(物知り)、なんだかんだ話題は、私と母を置いてきぼりにしてたけど。

c0120817_8351854.jpg

こちらは、アンドリューからのギフト。メトロポリタン美術館で見つけたキャンドル立て。実際は青い色合いなんだけど、ろうそくをともすと、オレンジ色に変わります。改めて見ると、素敵です。すると、父がステンドグラスのうんちくを語りだしました。以前、趣味で作っていたので、さっそく押し入れからホコリのかぶったガラスの破片など引っ張りだしてきました。
c0120817_838198.jpg

ほこりまみれなんだけど、一枚2500円もするのね〜。これはうん十年前に東急ハンズで購入したものらしい。
それから、ルンバを送った友人から、かわいいギフトが届いてました。彼女のお気に入りの木でできた動物さん。軽くって、ポイズン。肌触りも良い感じ。
c0120817_841153.jpg
さんきゅーまさみん。
とまあ、わいわい深夜に盛上がっていました。


c0120817_8423488.jpg

c0120817_843122.jpg

翌日、朝食だったか忘れたけど(時差ボケか)わたしは納豆と茶碗豆腐(七尾名物)を。アンドリューも納豆以外は食べてたっけ。いや、わたしが納豆全部平らげてしまってたような気がする。

そのあと、ドライブで七尾の観光。といっても、何がある?ちょっと考えてしまったけど、まあとりあえず和倉温泉だ!とそっちのほうに。あ、そうだ、足湯がある!と、足湯パーク(無料)へ。
c0120817_84682.jpg

七尾湾が一望できますので、観光客も結構いました。
c0120817_8484791.jpg

温泉というのは、熱いもので、足湯は日本人にとっては、そーんなに熱くはないんだけど、アンドリューさんにとっては熱かったみたいです(笑)
そのあと、和倉の温泉源へ。ここへお湯を汲みにくる人も多々。
c0120817_8523843.jpg

これから仕事に出かける仲居さんたちの姿がちらほら。
c0120817_8561242.jpg

お、彼が一番興味があったもの「ビールの自動販売機/Beer Bending Machine」
購入できないのが残念と言ってたけど、運転免許がないと買えなくなったんだよねぇ?アメリカの免許で挑戦してみればよかった?

さて、車を走らせて七尾市内へ。普通の眺めだけど田園風景には感動したらしい。特に、彼は「茶の味」という映画のファンなので、結構、ここの町と風景がかぶります。
c0120817_8595673.jpg


次は、七尾駅前とユニー。
c0120817_905874.jpg

A「あれは何?」
S「NTTのタワーだよ」
A「なんか、ガジラ(ゴジラの意味:英語での発音はこうなります)が出てきそう…、ガジラタワー!ガジラタワーだ!」
と、妙にはしゃいでらっしゃるんですけど。しまいにゃ、近くまで見に行きたいと(笑)新しい七尾新名所になるのかもしれないですね。

c0120817_9443.jpg

お金の使い方が難しい…、そりゃ私もアメリカのお金には、迷わされたものですよ。日本のが分かりやすいと思うんだけど(日本人談)
c0120817_952997.jpg

はい、ミスタードーナツ。コーヒーのお代わりサービスやら、なんやらかんやらと、かなり気に入った様子。ただ、喫煙禁煙が一緒なのが納得いかないようで。アメリカでは完全禁煙。外で吸うのがあたりまえの国ですから、日本の混合喫煙はびっくりしたみたい。
c0120817_983787.jpg

いまどきの日本といえば、これ?!
c0120817_994048.jpg

実は、わたしも四苦八苦、「どんなんしてつかうがんやったっけー」
c0120817_9104960.jpg

撮るのは簡単だけど、そのあとドコからプリントされるのかわからなく、今は移動して、専門の書き込みスペースみたいなのがあるんだねぇ。しかも、書き方に四苦八苦。結構、これって脳内なんとかに良いのかな?
c0120817_913327.jpg

こんなんできましたー。年甲斐になくハッスルしてしまったよ(笑)
c0120817_9185134.jpg


つづく
by mimicafe2007 | 2009-08-26 09:15 | STREET VIEW

里帰り

English Here

先週のお盆まっただ中、日本に里帰りしてきました。毎回、帰ると友人にあったりとイロイロスケジュールを立てまくる私ですが、今回は「ち〜ん」とを目標に。アンドリューさんは初の日本。長時間のヒコウキは大丈夫かと心配だったけど、なんとかクリア。成田から石川県、うちの実家までの乗り継ぎが一番こたえたな〜。

しかしながら、かなり忙しい日々となってしまいましたが、そもそも、飛行機のチケットを取ったのも、2週間前くらいだし、バケーションやお盆と重なって、格安では無理かと思っていたんだけど、ラッキーなことにJALが取れました。夏のお盆で往復10万円くらいです。もう少し、計画的だったら、もう一声安くなっていたかもしれませんが、他のを見ると、16万とか18万とか。それでもって、ビザの関係で、ある書類が必要とのことで、スポンサーカンパニーのサインなどが必要とのことで、連絡を取ったが取れない状況のもと、一か八かの綱渡り的なやりとりに何とか無事に旅行前日に書類をゲット。これがなきゃ里帰りができなるなるところでした。
c0120817_14352629.jpg

JALの席割りは、アンドリューの希望で通路側。わたしはいつも窓側なんだけど、今回は我慢。でも、案外窓側ってトイレに行くなどの作業が大変なので、以外や通路側って便利だなと思いました。シートや液晶画面は最高に素晴らしいものだったけど、残念だったのが機内食。ちょっと、がっかりだった(涙)人によりけりだけど、塩や胡椒などの付属品がついてないし、食事は味ない(ちょっとおどろき)アメリカ発だから?いやいや、わたしのお隣の方が声に不都合が有る方で、少しお手伝い(スッチーさんとのやりとり)したけど、彼女は不機嫌そうだった。
まあ、機内食はいまひとつだったけど、かき餅やらおつまみスナックはバリバリ食べてしまいました(アンドリューさんがギョッとしてたけど)
c0120817_14433234.jpg

c0120817_14435053.jpg

2人してチキンを注文したんだけど、スッチーさんから「もしよければ、おひとつカレーにしていただけませんか?」とのこと。数に限りがあるそうで、まあカレーのいい香りに「よし!」とばかり。しかしながら、完食はできませんでした(涙)
c0120817_1445369.jpg
これが、最後の食事、朝食というか昼食というか、味はシンプルすぎて(涙)
c0120817_14462895.jpg

ニューヨークを昼に出て、日本には翌日の夕方に着。夜は見れなかったです。流星群が窓から見れるかとワクワクしてたんだけど。
あと、映画はとくに面白そうなものはなかったけど、「鴨川ホルモー」を2人で見ました。最近、たまにふたりで「ゲロンチョリー」なんてやってますけど(映画を見た人にしかわからないね、これは)
鴨川ホルモー公式サイト
http://www.horumo.jp/index.html
とまあ、案外5時間くらいで日本についたような気がしてなりません(実際は14時間)
c0120817_14503791.jpg

成田について、「Yokoso! JAPAN」を見て飛び跳ねるアンドリュー氏(彼のお気に入り言葉のひとつが「ヨーコソ!」
はい、ここまではいいのですが、交通渋滞も考えて羽田のフライトをキャンセルし、成田発小松に変更。我々はおとなりのターミナルへバスで移動。なんだかんだで7時半のフライトになり、小さなバスにのって飛行機へ。なんともそれは小さな飛行機だったんです。
c0120817_14542040.jpg

c0120817_14544121.jpg

ちょっとワクワクと大丈夫かねぇと不安も少し。でも、スッチーさんはとてもいいサービスをしてました。そして、飛行機から見える夜景で、東京ほど明かりはない場所だけど、ちらほら花火を目にしました。ちっちゃい火花というか、ゆっくり開いてゆっくり消えてゆく。なんとも風情がありました。
さて、飛行時間約1時間、小松に到着。そこからバスで1時間金沢へ。金沢からドンコ電車で七尾へ1時間半。しかも、かくえきていしゃ〜!!!
七尾の駅では両親が迎えに来てくれてましたが、ニューヨークを11時半(午前)にでて14時間。成田に着いたのは翌日の夕方4時半。なんとも移動が大変です。せめて、遅い時間の能登空港便があったらと思うのですが…。

つづく
by mimicafe2007 | 2009-08-24 15:00 | STREET VIEW

デリバリーは観光気分?

English Here

よくケーキやスイーツをタクシーに乗って配達しにいきます。マンハッタンをスイスイと車で走らせると、それはそれは観光気分(笑)
c0120817_1251935.jpg
でも、内容によっては緊張します。タクシーの運転テクニックは時には恐ろしいくらい(笑)おいおいおい、そんなに荒っぽい運転したらケーキが壊れるよ…。
c0120817_12525651.jpg
c0120817_12531693.jpg
この前は、タクシー同士でカーチェイスしてました。相手が割り込んだ!と、文句を言いたくて、また追い越し、お互い窓を開けて口喧嘩。信号が変わって、またカーチェイス。次のストップで仲直りしてるし(笑&もう勘弁)
c0120817_12563135.jpg
日本じゃありえません…
by mimicafe2007 | 2009-05-31 12:57 | How Sweet It Is

English Here

まだまだ、連れて行ってあげたいところ、私自身も開拓したいところいっぱいなんだけど、この日が最終日。締めはセントラルパークへ。
c0120817_7234099.jpg
縦長の絵は珍しい。そう、まき子さんも「絵描き」の顔を持っていたのだ。すごい。お友達から「バードウォッチングにマンホール、オヤジっぽい趣味ばっかりだね」と言われたそうですが、私は何を隠そう、オヤジギャグは唯一の隠し技(はい、そういうの持ってます笑)さて、タイムワーナーの駅で下車。
c0120817_7264074.jpg
タイムワーナーセンターの地下のホールフーズマーケットでおかずやパンを買ってピクニック。日差しは強いけど、ちょっぴり肌寒い。まき子さんが行きたかった「シープメードォ」の広場へ。みんな寝っころがっていました、気持ち良さそうに。
c0120817_7294779.jpg
c0120817_7304018.jpg
ママさん軍団、集合体を作っています。
c0120817_7313286.jpg
なんかすごい組み合わせでしょー。寿司にパンにサラダにおかず、いっしょにデザートまで。枝豆と生クリームが合わさったりしてます。お寿司はおいしかった。クリームチーズとサーモン、アボカドの巻き寿司。まさにベーグルのよう。
c0120817_7325799.jpg
c0120817_7344185.jpg
c0120817_7351748.jpg
c0120817_7354426.jpg
ここも「SATC」の舞台。
c0120817_7362938.jpg
結婚式のカップルも多いです。
c0120817_737491.jpg
でっかい亀が!!!
c0120817_7373840.jpg
あちらがボートハウス。たびたび、ケーキのデリバリーに来ます。さて、今日はなんとボートの貸し出しが多いんでしょう。そして、キャリーとビックが池に落ちた場所でもあるそうですよ。
c0120817_7393915.jpg
c0120817_74078.jpg
日差しがまぶしい!
c0120817_7403849.jpg
橋の端っこに走って〜。(オヤジギャグ10級)
c0120817_7413665.jpg
これからストロベリーフィールズのほうへ向かいます。
c0120817_7421663.jpg
さっきのコドモは指差して、このアイス欲しいってねだってたけど、ここの子供達は足でこのアイス欲しいってねだってました。
c0120817_7424242.jpg
ダコタハウス。
c0120817_7441914.jpg
c0120817_7445278.jpg
c0120817_7451683.jpg
いつもここは人が集まっていて花が置いてあります。そして、かならずギターを奏でる人が。
c0120817_7462327.jpg
あまりにも飛行機雲がくっきりだったのでカメラを構えたら、アンドリューが「日本では見えないの?」笑った(笑)
c0120817_7475243.jpg
アンドリューさん♪
c0120817_7484745.jpg
c0120817_749471.jpg
72nd ベーグルショップ?だったかで、チョコレートシガーというお菓子を食べた。巻きたばこをイメージしてるんですかね、甘い(笑)
c0120817_750217.jpg
Grandaisy Bakeryへ寄って。http://www.grandaisybakery.com/ 薄焼きピザがおすすめだよ〜。ゼイバースへ。
c0120817_7521914.jpg
c0120817_7524034.jpg
チーズ坊やがかわいい!!!まき子さん、わんさかわんさかお土産チーズを選んでいます。
c0120817_7543996.jpg
ジャムってるまき子さん。なんだか、なんだかとっても寂しくなってきました。もうすぐお別れなんて(涙)そして、アンドリューと42nd駅でお別れ。
c0120817_7564776.jpg
わたしはまき子さんをブルックリンのB&Bまで送って行きました。なんだか今日が最後だなんて不思議な気分。まだ頑固に実感わかないんだけど、2人して「ふぇ〜ん」と泣きあいました。
c0120817_7585978.jpg

彼女と出会って、きっと波長があったんだろうね。しかし、この1週間、長くて濃くて、ほんとに充実した日々でした。彼女を通して自分のことも見えてきたり、何か大切なものが何なのか学んだような気がします。
そういえば、たまたま見た星占いにこういうことが書いてあった。

ここ一年近くの人生を振り返って、どんなに大きく成長できたか確認する機会がありそうです。重要なのは、人の評価ではなく、あなたの人生が心豊かなものになってきたかどうかです。過去よりも現在の方が笑顔の数は増えているのではないでしょうか。どんな素晴らしい出来事があったかノートに書き出してみることをオススメいたします。思っていた以上に、充実した日々を送ってきたことがわかり、幸せに包まれるでしょう。

それから、この石井さんの占いの表現の仕方が好きでよく見るんだけど、

神秘的なことや奇跡的なことは
人間の最も柔らかく傷つきやすい部分と
あるいは、最も深い苦しみや悲しみと
隣接して起こります。
人間がこんなにも悲しんでいなければ
人間がこんなにも苦しんでいなければ
奇跡も神秘も、起こりようがないのだろうと思います。
だれもが、全く平気で幸福だと感じているときでさえ
心の奥深くに
恐れや不安や罪悪感や無力感を隠しています。
自分の意識からもそれを隠していて
ときどき
芸術や音楽や物語の中に同じかけらを見つけて、
涙を流し、
水晶のように透明な喜びに満たされます。


今週はそんなふうに、貴方に
神秘的なことや奇跡的なことが起こるような気がします。
常識や一般論では捉えることができないような、
間違いなく貴方のための、
そして、貴方の大切な人のための、
素晴らしい出来事が起こるだろうと思います。
この出来事は、1度ぽんと打ち上がる花火のようなものではなく
順々に飛び石を踏んで川の向こう側に渡るような、
足がかり手掛かりとなる石を順番に掴んで岩壁を登るような、
そんな連なりを持っているだろうと思います。

ウエブサイト「マイロハス」石井ゆかりさんの占いより

この1週間に、まき子さんをはじめ、以前からのお友達、新しく会ったお友達、興味をもって連絡をくださった方々、不思議なつながりがたくさんありました。
私自身、たくさんの方から勇気をもらっています。感謝の気持ちで、出会った方々、これから出会う方々に新しい勇気を与えられたらと思います。人生の恩返し。それがmimicafeなのかもしれません。まだまだ、人間的に弱いし、優柔不断だし、ほんとうに未完成ですが、mimicafeのオーナーとしてお客様に未来へ続く一期一会を提供したいと思ってます。

ありがとう
by mimicafe2007 | 2009-05-23 08:15 | STREET VIEW

English Here

この日は私が仕事だったので、まき子さんは自由行動。だいたいの終わる時間は知らせてあったんだけど、しばらくして電話がかかってきて「今どこ?」「職場の前!」えええっ!とウエルカム(笑)ちょうどオーナーもいたので紹介。借りた猫のように緊張していた彼女(笑)もう少しで終わるとこだったんだけど、オーナーが「せっかくなんだから何か作ってあげたら?」とのご好意で即席カップケーキ!!!ニューヨークといえばカップケーキですか(笑)ちょうど焼いてあるのがあったので簡単にデコレーションだけ。それと、わたしの好物レモンチーズパフの焼きたてを彼女に!
c0120817_5364877.jpg
作りながらのビデオも撮られてしまった(笑)
c0120817_5372980.jpg
撮られるのッて緊張するね、やっぱり。今、まき子さんの私に撮られる気持ちがわかったよ(な〜んちゃって、わはは)
c0120817_5383146.jpg
まあ、こんな感じで、ひとつづつ順番にまき子さんの口の中に入っていきました(笑)
さて、それから、まき子さんがDean&Delucaに再度行きたいということでSohoの方面へ。さっき作ったチーズパフはNYのDean&Deluca本店のパンコーナーとエスプレッソバー(コーヒーを注文するところ)でも販売してます。
さて、ニューミュージアムで1枚。
c0120817_5412476.jpg
BoweryからPrince Streetへ歩きましょう。ポイズン系ストリートです。Mott Street、Elizabeth StreetはNOHOというエリアになるんでしょうかね、オシャレなこじんまり系のお店が立ち並びます。そこを歩いていると、突然「ボン!」と音がして、よく工事があるからトラックが積み荷でも下ろしたのかな?と思っていたら、その角にある「カフェ ハバナ」http://www.cafehabana.com/のあるビルの屋上から煙が…!
c0120817_548569.jpg
結局はどうなったんだろう。わかんないけど、天井が飛んだということ?
さて、今、ハバナで検索したら、なんだ、ブルックリンのフルトンストリート(Gライン)近くにあるよく人がギャーって集まる場所、ここんちの姉妹店だったんだ。最近、いや前からマンハッタンのカフェが人気があるって聞いてたからね。とくにトウモロコシ!!!今度行ってみたい。
あと、Mulberry Streetのもう少し下の方へ行くと、リトルイタリー。道路の上に商店街みたいなキラキラが飾ってあるので「あ、あれや!」ってわかります。
c0120817_5514231.jpg
Dean & Delucaにくると、もうこの辺は人だらけ。ここのPrince Street の「ドサ」もお見逃しなく。インディアンアメリカンなカフェです。http://www.hamptonchutney.com/
まき子さんは、日本にまだ見たことのないエコ系バックを購入。人気なんですねぇ。
c0120817_5572517.jpg

さて、Sohoに来たら、ここをバックに写真をどうぞ(パソコンの故障かわかんないけど縮小できなくなっちゃった、まき子さんアップになってごめんね〜(笑))
c0120817_605535.jpg
ラファイエットとホウストンあたりのでっかい交差点。
c0120817_651789.jpg
このかた、ほんとにニコヤカさんなんです。ほんとうに!!!わたしたちは地下鉄のFでブルックリンに戻り、4th Ave-9 Street駅で下車。ブルックリンの5th Avenueに出て、そのまま下ります。しばらくするとポイズンショップがでてきましから。また、アンティークの個性的なのも数軒あります。そのままアトランティック駅まで、おもしろい通りになってますが、わたしたちはUnion Streetで右におれ「ユニオンマーケット」へ。http://www.unionmarket.com/
そこを通過し、(街並がブルックリン!なので美しいですよ)7th Avenueをこえると、またポイズンの「ブルーエプロン」http://www.yelp.com/biz/blue-apron-fine-foods-ltd-brooklyn
食材のセレクトショップです。わりと、ニューヨークのこじゃれた食材店ってNYならではの個人経営の小さなお店から卸しています。全国でメジャーというのではなく地域でマニアック系メジャー(なんか説明が難しい)な商品を集めてます。そして美食家のために。だから、そこから名前を探して行ってみるのもおもしろいですね。
c0120817_615995.jpg
さあ、どんと突き出たら、そこはブルックリンの大きな公園「プロスペクトパーク」写真はブルックリンの図書館。夕陽が反射してゴージャスです。
c0120817_6164676.jpg
プロスペクトパークを境に反対側にはフラットアイアンビルのようなアパートバージョンが立っています。
c0120817_61873.jpg
真ん中には凱旋門のような大きな門。晴れ女パワーおそるべし。
c0120817_6193026.jpg
 
トンネルを抜けると、そこはもう…
c0120817_6202185.jpg
c0120817_6212482.jpg
The 撮りあいっ子♪
もうグリーングリーングリーン、空がこんなにひろ〜いとは♪
c0120817_6224779.jpg
c0120817_6231082.jpg

すごくいい表情が撮れました、彼女の(笑)太陽の光がいいぐあいに包み込んでたんです。そしたら、
c0120817_6241357.jpg
やだ〜、もうさちこさんたら!!!(笑)
c0120817_6245149.jpg
c0120817_6252550.jpg

物思いに耽る彼女。
c0120817_626856.jpg

さて、地下鉄駅をさがしに移動。最初来た道ではなく、もうすこし奥に駅があるはず。しかし、ここ、セントラルパークと違って、あまりサインとか柵とかないんですよね。
c0120817_6273879.jpg
c0120817_628389.jpg
ここの奥まで来たことなかったんだけど、とても自然で素敵だった。セントラルとはまったく違う。あっとよりは小さいんだけど、森も空も広場も大きくみえます。わたしたち、はっきりくっきりレッドカーディナルを見ました、ほんとに真っ赤な鳥!!!
c0120817_6315383.jpg
「さち子さん、おもしろいよ、南の島のルーシーみたい」って言ってたような。少女の頃を思い出します。
c0120817_633184.jpg
中はすっぽり、まるで隠れ家。ちょっとイタズラ描きが痛そうです。
c0120817_634548.jpg
c0120817_6342590.jpg
そして、私たち無事に帰路につきました。
by mimicafe2007 | 2009-05-23 06:35 | STREET VIEW

English Here

この日はマンハッタンの中央公園「ユニオンスクエア」へ。(余談:たまにタイピングすると「ウニオンスクエア」って書いてしまいます。しかも「ウニ音」なんじゃこれ(笑))
c0120817_0225919.jpg

エンドウ豆の着ぐるみです。メタボな腹とスラッとのびた足が魅力的でした。ここは、月、水、金、土と青空市場になっています。この季節は食材も豊富だし、晴れた日にゃ、満員御礼って空気です。
c0120817_025556.jpg
c0120817_0252652.jpg
c0120817_0254357.jpg
c0120817_0261360.jpg
c0120817_0304860.jpg
c0120817_0324494.jpg
このあと、わたくしめが作ってきたランチ(チキンと野菜のラップサンド)を公園でモシャモシャと食べ(笑)チキンにフレッシュのブドウがよく合うんですよ!!!
c0120817_0353123.jpg
撮られてます(笑)
c0120817_0383643.jpg
写真は女性が貧血になっているのではありません!タンゴです。
c0120817_0391550.jpg
少し散策して、「フィッシュズエディ」という食器屋さん(まさしくポイズン)へ行きました。http://www.fishseddy.com/
c0120817_038856.jpg
そのあと、23Streetまで歩いて、名所のフラットアイアンビルディングへ。
c0120817_040542.jpg
そして、まきこさんとはここで、しばし、お別れ。彼女は一人歩きを挑戦!
このあと、私は、また偶然ブログで出会ったLA在住のなおみさんと会う事に。場所は「City Bakery」http://www.thecitybakery.com/
彼女は以前、ニューヨークに住んでいらして、現在は家族でLAのほうにいらっしゃるとか。偶然、何かを検索していたらポンと、うちのmimicafe が登場したらしく、情景や趣味や見る範囲が「似ている!!!」とひらめいたそうで(笑)たまたま出張もあってNY入りしたとのこと。で、お茶をいっしょにすることになりました。とても上品かつ活動家の空気をもった素敵な女性でした。ウインドウディスプレイの仕事をなさっていて、過去には有名なウィンドウディスプレイを携わっていたという!!!まさにNYは本場ですからね、クリスマスの5thアベニューはすごいです。彼女とは初対面なのにいろんな人生経験や家族の話、生活の話などなど、バラバラバラバラと(薔薇が咲きほこっている表現ではありませんよ〜)あっという間に時間がたってしまうくらいいろいろお話しました。また、あたらしい出会いができて、そして、うふふのふ!LAのつてが出来ました!!!
ありがとう、なおみさん!!!
by mimicafe2007 | 2009-05-23 00:52 | STREET VIEW

English Here

さあ、3日目です。何年か前に初めてNYに来た時は1日をマンハッタンの下1/2、2日目を上1/2とまわった事があります。だいたい3日もあればニューヨークの外観はつかめるんじゃないかな?と思うのですが、今回はポイズンが多いのと、30代は欲張り!ということで、疲れはどこへやら(笑)→え、隠してる???お互い???ははははは。
まず、ちょっと職場に用があったので彼女を連れて、うちのペーストリーを見せてあげました。きれいな職場でしょ!ちょっと小さいんだけど♡
それから、地下鉄でWest4の駅を下車。ここは、ウエストビレッジ(石畳のこぎれいなアパートが建ち並びます)、グリニッジビレッジ(ライブハウスなんかあったり、ニューヨーク大学があったりします)があって、ウエスト方面の「ブリーカーストリート」私にとっては初期のポイズンストリートがあります。ここは、小さなショップからブランドもの、個性的なもの多々。観光客もたくさんいます。そして、よく映画の撮影に使われたりするんです。さて、ブリーカーストリートを北上するとperry streetに映画「SATC」のメイン女優キャリーの家があります。
c0120817_124940.jpg
今ではブームも落ち着いたのだと思いますが、当初はものすごかったんでしょうね、まさに冬ソナ現象に似ていたのかもしれません。このあたりは、街並がとてもオシャレで古風で、ちょっと自然な感じで柵によしかかって写真を撮ると良い感じですよ。
c0120817_12124655.jpg
そして、その近くに(ブリーカーの端)有名なマグノリアベーカリー。以前は30〜40分まって買えたけど、あれ?誰もいない!!!
c0120817_12142376.jpg
彼女は「うわぁ〜かわいい」と黄色い声を出していましたが、ふとガラス窓を見ると観光バスから降りてきた人がわんさかやってくるでわないか!!!ちょっと強烈に恐かった〜(笑)
さて、カップケーキを一つ購入。その斜め前の公園で食べましょうか!(みんなそこで食べてます)わ〜い、これが有名なカップケーキ♡
c0120817_13119100.jpg
うへぇぇぇ、あ、あ、甘い。。。。。うううううっ!!!
c0120817_13112981.jpg
(口を押さえるまき子さん)
c0120817_1220623.jpg
今日はとってもいい天気。彼女はなんてったって、晴れ女!!!
さて、場所をそのまま上の方に歩いて行きます。ミートパッキングディストリクトエリア(チェルシーエリアの下の方)へ。わたしらはそのあとに行ったんだけど、道順としたら、ウエスト10、11あたり(ブリーカーストリート近辺)はポイズンエリアですが、8th Avenueに出て少し北に向かってあるくと「Ink Pad」というハンコ、スタンプ専門店。超ポイズンです。
c0120817_12305480.jpg
http://www.theinkpadnyc.com/ その道の反対側に小さいんだけどポストカードとメキシコ雑貨のショップもあり。小さいカフェもちらほら、ブルックリンにあるカフェの兄弟店「S'Nice」もあります。8th Ave とWest 12 Streetに出たら右手、Greenwich Avenueへ出ましょう。ここもポイズンがちらほら。イギリス系ショップが3軒並んでいます。このブログにも何度か登場している「シンパシー」の紅茶のポットと店内の雰囲気はポイズン。http://www.teaandsympathynewyork.com/home.php
向かいには雑貨屋があります、ここもポイズン。そのグリニッジビレッジと8th Avenueのぶつかった三角スペースに、メモリアルタイルがあります。平和を願ったメッセージがたくさんあります。
c0120817_125559.jpg
さてさて、ミートパッキングエリアは石畳が多いので、かなりおしゃれに写真を撮る事が出来ますし、壁にもアートっぽいものもいくつかあります。
c0120817_1257424.jpg
c0120817_12575293.jpg
ダンスを練習している人達!
c0120817_1361226.jpg
マンホールも趣味だという。なんて多彩な女性なんでしょう!
c0120817_1365938.jpg
c0120817_137233.jpg
c0120817_1374433.jpg
チェルシーマーケットの一番のポイントショット!
c0120817_13275554.jpg
c0120817_1382829.jpg
c0120817_13153469.jpg
併設されてるブティック&カフェへ。ここも「SATC」のシーンに使われたそうです。でも、やっぱセレブ金額なお店でした。ヨーグルト、これで$8くらい。
c0120817_13171727.jpg
スタッフのオーダーが入ってなかったのか待たされて、にこやかに苦情?を伝えたら飲み物サービスしてくれました♪
c0120817_13173851.jpg
チェルシーマーケットの裏にある「もりもと」はアメリカ版料理の鉄人。彼女の知り合いの方が「もりもとさん」らしく、写真をとってました。
c0120817_1319479.jpg
c0120817_13233049.jpg
このあたりはほんとにうろうろ。「たしか、ここにあったと思うんだけど…」ツアーになってます。この床屋さんは、ある目的ポイズンショップの入り口の前にあって、ドア開けっ放し。昔ながらのスタイルでした。レンガ作りって味がでますね。そうそう、市内のポイズンストリート系をあるいていると、たまに1席とか2席しかないような小さな床屋を見つけます。うちの職場のAllen Street x Rivington Street 近くにある「df」だったかなぁ、黒板に小さく書いてあるアルファベット。男性用ポイズン床屋さんを発見できます。あと、小さな小路だけど、そのRivington Street kara
Bowery に抜けるときに右手に「Off-Soho Suites Hotel」があるのですが、その真ん前に仕立屋さん系ブティック?があって、そのブティック内の奥に床屋さんがあるんですよ。そのお店の横にある小さな小路を歩くと、見えます。床屋のおじさんと目があって、ウインクされましたけど(笑)
c0120817_2202234.jpg
そこの小路の名はFreeman Alと呼んでいるみたい。奥にはひっそりカフェがたたずんでいて、次回は行ってみたいと思いました。さてさて、余談がすぎましたが、スポーツクラブ(たしか7th AveのWest 10thだったかなぁ)ここもSATCに出てきたそうです。
c0120817_2253027.jpg
この横だったかなぁ。。。小路を入ると、ほんとに小さいので見逃すおそれありだけど、床屋さんとアンティーク本屋さんがあります。Bonnie Slotnick Cookbooks (163 West 10th Street)料理専門書、しかもアンティークなのでお高いのですが、レアな可愛い本が見つかりますよ。昔の写真も買えます。あ、アンティークで思い出した。アンティークオモチャの(よくあるおまけとか)ポイズンショップ。グリィーティングレターはゾクゾクします。場所は、どこやったかなぁ、ハドソンストリート沿いで、こんなところにあったの〜って感じの場所だったんだけど、忘れたわ(笑)
c0120817_22595299.jpg
c0120817_2301860.jpg
ここはSATCのミランダが結婚式をあげた場所だとか。たしかVillage Squareってところかな。6th Avenueの9stです。大きな古い時計の塔が目印なんだけど、そこは今図書館になってます。その近くに「Royal」www.Royalebakery.comのクロワッサンはおいしかった記憶があります。反対側にはSABONという石鹸や屋さんもありますよ。
c0120817_2257471.jpg
公園の花を見つけてロマンティックにひたる姿も絵になります。
c0120817_22125050.jpg
あああ、かわいいワン子!!!むく犬というかイングリッシュシープドックという名前らしい。わんちゃんがよろこんで、このイスを投げ倒しました。
c0120817_2214816.jpg
c0120817_22143443.jpg
c0120817_2216216.jpg
8th Avenue x Horatio Street or Jane Streetだったかと思います。このイスのうしろに小さなカフェ。地元の方が結構入っているから人気なのかもね。
c0120817_2220871.jpg
さて、ニューヨークの地下鉄の駅は面白く、各駅角栄←タイピング打ち間違え(笑)各駅各駅、モチーフがあるようです。自然歴史博物館のある81Street駅は駅構内の壁に恐竜や化石のタイル絵。Sohoのスプリングだったかプリンスだったか、ちいさな歩く人の絵が。そしておすすめなのが、ここ8th Avenue x 14Street駅のA、Cライン乗り場。宝探しのようにオブジェが散らばってます。
c0120817_2231596.jpg
タイムズスクエアです。まあ、ひと、ひと、ひと。偶然、なにかの撮影に出くわしました。子供達がスキップしている姿です。
c0120817_2232433.jpg
さあ、タイムズスクエアでは、絶好のモデル写真撮影大会(笑)
c0120817_2233565.jpg
ポートオーソリティセンターから42nd Streetの交差点をわたる図。41st Streetにはニューヨークタイムズビルもありますし、その下にDean & Deluca のカフェ。そのよこに巨大無印良品店MUJIがあります。
c0120817_2236160.jpg
ニューヨークタイムズビルディング前。
c0120817_22364169.jpg
Dean & Deluca
c0120817_22374619.jpg
そしてタイムズスクエアに移動。この時計のある場所は賑やかなので写真のポイントかもしれません。探してみてね。

そうそう、ニューヨークのRest room事情なんですが、日本のようにコンビニなど親切なところはないですが、大きなデパートや大きな本屋にはありますし、スタバでもいいのかもしれないけど、本来は何か購入して利用したいもの。このDean & delucaは買い物したら、そのレシートに「Rest room 使用許可ナンバー」が記載されてます。トイレは常にロックされていて、その暗証番号を押して、やっと入れるといったところです。

c0120817_22421915.jpg
タイムズスクエアの中央7th AvenueとBroadwayの交差する場所に新名所チケットセンターがあります。42Streetから4ブロックほど歩きますが、車と人に気をつけて、ベストショットポイント探してみてください。
c0120817_2250544.jpg
振り向きかげんと横断歩道
c0120817_22502374.jpg
NYPD派出所(あれ、漢字これでよかった?)横の壁にはマンハッタンのタイル画
c0120817_22521946.jpg
ブロードウエイの看板をバックに。
c0120817_22525482.jpg
はじはかき捨て(笑)ひそかにイエローキャブも写しましょう!
c0120817_22534941.jpg
このかたもカメラ通です。
c0120817_22542870.jpg
みんな彼女に振り向きます(笑)
c0120817_22553443.jpg
はい、数日後に夜のタイムズスクエアもアップしますのでお楽しみに!
さ、戻ってグランドセントラル駅へまいりましょう。
c0120817_238259.jpg

ここはいつ来ても素敵です。エメラルドグリーンというかターコイズブルーというか美しい青緑の天井に満天の星空。ここはかなり絵になります。
c0120817_2310178.jpg
外観もまた、白黒で撮れば英国のようです。夜の外観も素敵ですよ。ちなみにグラセンの中にもポイズン系はいろいろあります。お土産にもいいと思うのですがポップな皿やマグカップを売っているお店があって名前やメッセージをオーダーできます。ニューヨーク観光のおみやげに、少し前もってオーダーしてあとから取りに行くのも手ですよ。(3日くらいだったかなぁ)
c0120817_2313336.jpg
途中でデルタ航空の宣伝をしていました。宣伝カーによくMINIが使われています。
c0120817_23142657.jpg
ニューヨーク図書館です。5時だったか忘れたけど閉館になるので中には入れなかったけど、図書館の中のどこかの部屋だったか、天井が素晴らしいことになっているんですよ。ここは、SATCの映画の中でキャリーが結婚式をあげようとした場所です。そして!!!
c0120817_23162045.jpg
ブライアントパークと図書館の角にあるこのまん丸の壁。ここで式場に現れなかった新郎ことビッグをブーケでバシバシ叩き付けてた場所。わたしも感情移入して映画館でうるっときてたなぁ(笑)
c0120817_23192290.jpg
ブライトンパークには小さなメリーゴーランドがありますし、都会の中のオアシスと化しています。ちなみに図書館はインターネットWiFiがつながっているので、ここの公園の図書館近くのあたりではパソコンを開いている人をよく見かけます。

さてさて、観光はここでストップ。このあと特急でブルックリンに戻って、友人のたまさんの家でディナーすることになりました。まきこさんもニューヨークに来たなりなのに、また新しい人と会ったりでビックリドッキリな毎日だったと思います。友人のタマさんはニューヨーク在住はわたしの先輩。そうそう、みんな年齢は同じくらいなんだけど、わたしだけボーダーラインを越えてます(笑)年齢だけみんなより先輩です(笑)
c0120817_23243565.jpg
いやあ、違うなぁ。さすが。。。。。まき子さんもため息(笑)フードコーディネーターが何人住んでるの?的なテーブルです。たまさんと息子さん、そしてニューヨークに来て新入生という里枝子さん。ニューヨーク的日本人感覚なのかはわからないけど、なにかしら新しい輪が出来やすいんですよね。連鎖反応なのか。まき子さんの旦那さんの故郷とりえこさんの故郷が近所でレアレアな話で盛上がってしまいました。これまたご縁?池に放つ石が作る水輪のようです。

乾杯は地ビールのブルックリンブリュワーのやつで。まきこさんがビールが苦手ということで、たまさんの心遣いに感動、乳白色のカクテルを即席で作っていました。
c0120817_23321621.jpg

c0120817_2330409.jpg
これ、おちょこサイズの白い器にブイヤベース風のスパイシースープ。いやはや料理熱心!!!彼女は有名レストランのシェフでもあります、そして私たちから見ると、カリスマシュフでもあります(笑)
c0120817_23372170.jpg
c0120817_23375726.jpg
息子さんにカメラが独占(笑)お母さんだけはキレイに写してるんですよね、不思議!!!
c0120817_23394520.jpg
こりゃ、おかあさんゆずりだね。
c0120817_23401679.jpg
たことハーブペーストのマリネ。この食感はどこからやってくるんだ!というミラクルディナーが続々。
c0120817_23414132.jpg
このパスタはレストラン直伝レシピ。おいしゅうございました〜♡
c0120817_23423224.jpg
自家製で作る時間がなかったので、ルパンコティディアンで買ったケーキたち。しかしながらお腹がいっぱいで入らなかった〜。

というわけで、この日は終了。またまた充実な1日をおくれました。&よく歩いたよ〜。お疲れさま、まきこさん、そして、ありがとうタマさん&息子ちゃん&新しい仲間のりえこさん!!!
by mimicafe2007 | 2009-05-22 13:25 | STREET VIEW

English Here

さて、2日目。彼女の宿泊しているB&B(ベッド&ブレックファースト)まで迎えに行きました。そこで、もう一人わたしのブログ仲間友人のうみっちも合流。同じように出会った仲間です。なんだか不思議だけど、こういうのってニューヨーク(外国)だから実現できるような、そんな気もしますが、まあ、ネット社会(←思考力必至、要注意)なので、その人それぞれによりますし、タイミングなどもあります。
さて、類友が増えたということで、あんまり外にでてな〜い!という彼女にも良い刺激を!とのことで、ロウワーマンハッタンエリアへLet's go!!!
c0120817_22244562.jpg
もう、まきこさんはマメ女。手作り地図を持参です。ビックアップルをイメージしリンゴシールでたぐってます。そとのカバーは外す事ができ、中身のノートを変えるだけで自分流の旅ノートができちゃいます。ボタンや飾りをカスタマイズすれば、もうポイズンマップの出来上がり。
c0120817_2228567.jpg

青のA,Cラインで「Broadway x Nassau」の駅に下車。ワールドトレードセンター跡地に行きます。センチュリー21という激安ショップが有名らしいですが、観光客は朝一で行く!という方もいらっしゃるそうです。(わたしは行った事がないんだけど)
c0120817_223317100.jpg
この辺はビル街で、日光が遠く感じます。適当に歩いているので、ちらほらオブジェと出会う事が多いです。銅?で出来たサラリーマンなどなど。
c0120817_2258228.jpg
そして、赤い大きな箱もこのあたりです。
c0120817_22361067.jpg
これは回転しませんがイーストビレッジにある黒い箱は回転します(手動)さて、こういうのをみたら、以下の写真のように写真を撮りましょう!!!
c0120817_2237356.jpg

さあ、お次ぎは「牛」を探しに!わりとマンハッタンの末端近く中央です。
c0120817_22401616.jpg
あ、金融街も行きましょう。リンカーンの銅像もあります。今年はこのど真ん中で「ピローファイティング」枕叩き合い合戦があったようです。羽だらけになります。
さて、牛!!!
c0120817_22484230.jpg
いました。観光客がしっかり囲んでいます。そして、これが後ろから見た背景。
c0120817_2251941.jpg
そして、すごいショットが撮れてしまいました。がっしりと、しっかりと不況なんて飛んでってしまえ〜といわんばかりの願掛けです。
c0120817_22525393.jpg
われわれも、しっかり3人で触ってきました、ゴールデンボール(笑)
さて、おつぎはトリニティ教会。写真は駄目ですが、その真横に樹の根っこのオブジェがありました。本物の樹だそうで、テロがあった近くの樹だったか、平和を願って作られたそうです(たしか)
c0120817_2256038.jpg
c0120817_22573496.jpg
ここの近くに青空市場が開催されてました。グリーンマーケット(ファーマーズマーケット)はどこでもやってますが、だいたい定期的に何曜日とか決まっているのでチェックしたほうがよいですよ。有名なユニオンスクエアは毎週月、水、金、土。
c0120817_2315967.jpg
c0120817_2323574.jpg
アスパラガスがわんさか!この季節はグリーンが豊富ですよ。
さて、次は末端のフェリー乗り場へ。この横のバッテリーパークも素敵な公園です。夏の夜は蛍がいっぱいでしたよ。
c0120817_2352065.jpg
c0120817_2354645.jpg
c0120817_236742.jpg
こんな感じで乗り込みます。フェリーは無料。スタッテン島は観光はどうだろうね、一回ちょっと歩いたけど、あまりなかったので、今回は着いたら、すぐ戻る!という強硬手段。すぐ降りて、となりのマンハッタン行きに乗り換える(急ぎ足で)面白いツアーです(せっかちやなぁ)あと、フェリー乗り場の写真はダイナミックに撮れるので以下の写真のように記念ポーズでどうぞ!
c0120817_23112687.jpg
さ、船に乗ると、右側に自由の女神が見え、後ろにはマンハッタン。天気がいいと気持ちがいい。この週は天気が良くないという予報でしたが、まきこさんがハ晴れ女ということで「晴れパワー」爆発。曇りだったけど、どしゃぶりにもならずに、ほんとよかった。うみっちもNY在住3年選手なんだけど、フェリーは初めてで始終、小学生の遠足のような表情をしてました。船はカラフルでぜひ、こういうショットも素敵です。
c0120817_23304591.jpg
c0120817_23313294.jpg
c0120817_2331575.jpg
そして、フェリーから降りて、次はサウスシーポートエリアへ歩いて行きます。途中、イタリアのようなレストラン街があります、とてもいい雰囲気です。このあたりにフィナンシェの有名なカフェがあります。店名がフィナンシェなんとかっていう名前だった。
c0120817_23323756.jpg

さて、イーストリバー方面にでると、そこは「サウスシーポート」ノスタルジックな大きな船が停まっていて、まあ、一種の観光地となっています。みんないわく、横浜っぽい?そうです。
c0120817_2354787.jpg

中に入って、テラスのほうに出るとイーストリバーから橋が一望できるので記念撮影にはもってこい。写真のまき子さん、何やらガラスを撮っています。
c0120817_2356548.jpg
お魚でした。こまめな彼女は「あ、これ、昔は色がついてたんだね」色が変色または取れちゃったのか、今は白く描かれています。よくまあ、気付くもんだなと感心してしまいました。
c0120817_23575068.jpg
そこの一角に「プリクラ」がありました。まあ、撮りはしなかったけど、ニューヨークのイエローキャブがかわいかったので、こんな感じで撮ってみると可愛いですよ。
c0120817_23592622.jpg
その横には、キャンディーのガチャガチャがあるので、こんなふうに撮ってもかわいいです。
c0120817_002097.jpg
それからテラスにある望遠鏡がかわいいロボットのような顔なので一緒にとってみるのもいいもんです。
c0120817_011948.jpg
もうすっかり、わたしの友人達はモデルです。彼女たち「え〜」と最初は恥ずかしがってたけど、「もう慣れてきた!」といい表情を見せてくれます。なかなか、カメラを趣味にしてる人って自分を撮らないから、たまにはいっぱい自分を撮るのも新鮮なもの。そのときの顔っていうのは、一期一会だと私は思います。それと、心の中の心境も顔に出るものです。ナルシストちゅうわけじゃないけど、自分の写真を撮ると、写りが悪かったり、なんか気に入らなかったりすると、どこからかココロの中が散乱してたり。一種のバイオリズムがあるんじゃないかなって。これは自分にしかわからない勘だよね、きっと。人に撮ってもらうと、やっぱり自分にしかわからない表情って見えてくるからね。余談だけど、「自分の部屋は自分のこころ」と思っています。映し出す鏡って言った方がいいのかな?ちらかってると気持ちも散漫だったり。つねにきれいにって思うけど、気持ちを落ち着かせたいときは模様替えとかいいように思います、ははは余談だ。


さて、もとに戻して…と。
そのあたりにある「サウスシーポートミュージアム」http://www.southstreetseaportmuseum.org/
ここの横に併設されてるプリント屋さん「Bowne and Company Stationers」(ポイズンショップ)に行ったんだけど、ちょうどお昼休憩でお店の方は不在。少し待ったけど次回に期待。ということで、その真ん前にあるバス停からロウワーイーストに向かいました。(15番のバス/Allen Street x Delancey Street下車)

そこから1ブロックにOrchard Streetがあるので、少し南下すると右手に小さなミュージアム「Lower East Side Tenement Museum」があり、ポイズンスーベニア(そりゃあ、かわいいお土産)がゲットできますよ。

その横のBroom Streetに「Bakery」のサインがあります。そこが「BAby Cakes」ビーガン&ベジタリアン向けのカップケーキ屋さんです。
c0120817_0322673.jpg
50'sっぽいピンクの壁がポイズン!空気をかもしだしています。と、わたしの学校のクラスメートと再会!!!
c0120817_0324771.jpg
彼女いわく、カリフォルニアに出店のため、そっちに引っ越すの!と。でも会えてよかった〜!!!

はい、次。またOrchardに戻って、右手にジェラート屋があったり、「Roasting Plant」という豆の瞬間移動の焙煎コーヒー屋があります。http://www.roastingplant.com/tour/

さあ、もう一度デランシーストリート(大きな道路)にでましょうか。
デランシーストリートをイーストリバー方面に数ブロックを歩くと「Essex Street エセックス」に出ます。そこにある「Essex Market」http://www.essexstreetmarket.com/ は楽しい食材のお店です。人種の多いニューヨークでは、かわった食材がたくさん見られます。そして、ここは食材スーパーなのに床屋さんもあるんですよ。ちょっと南米チックな雰囲気?です。
c0120817_023179.jpg

c0120817_0233794.jpg

c0120817_0241574.jpg


次はエセックスを上に上がって Rivington Streetを進行方向左手に行くと「Economy Candy」http://economycandy.com/ ここは観光客(バスツアー)がわんさか来ます。いろんなキャンディーやお菓子が買えるし、ナッツも量り売りしています。
c0120817_0415721.jpg
かわいいショットも見れますよ!
c0120817_0462734.jpg

c0120817_047918.jpg


それからエセックスに出て3ブロック、イーストリバー方向へ。Clinton Streetにでます。
c0120817_172864.jpg
ところどころモデル撮影を強要したり(笑)えー、そして。それをHouston Street(大きい道路)に向かって歩くと、右手に「Luxee」http://luxeenyc.com/index.html 日本のデザートカフェがあって、その隣となりに「Clinton St. Baking Company」http://www.clintonstreetbaking.com/ ここはNYで一番といわれるパンケーキが有名。昼は列です。今日は歩きまくって3時ころのランチとなりました。
c0120817_0553086.jpg
c0120817_171047.jpg
なかまでブルーベリーが詰まってます。バナナ&くるみバージョンもありますよ。
c0120817_946196.jpg

まきこさんが持ってきた、ある地図…映画「The Sex and The City」のニューヨーク舞台ツアー完全攻略本!かなりマニアックで、マニアな方が作られたとかで、まあ、細かい細かい。しかし、感心してしまうくらいの完璧?本でした。
c0120817_9473360.jpg
c0120817_9481346.jpg

しっかり食べたらHoustonの大きなストリートに出て2nd Street 方面に歩いて行きます。ところどころ壁画があるので一緒に撮ると面白いよ。
c0120817_9512969.jpg
c0120817_9515037.jpg

さて、左手にネオンサイン、「カッツデリカッテッセン」が見れます。http://www.katzdeli.com/
ここは、昔のアメリカを思い起こさせるような雰囲気。入り口で入場券をもらい、それぞれのバーカウンターで注文、その際に購入したものをチェックしてもらって、最後に会計!といったシステムなのですが、ちょい割高。パストラミがごっつり入ったサンドイッチが有名だけど、わたしには苦手な味わいでした(以前食べた時)。あと、その入場券を途中でなくすと高額を払うハメになるとも聞いた事があります。

ホウストンとセカンドストリートに出たら、アップタウン方向に歩きます。E1Street, ときて、次のE2 Streetを左に折れます。ちょうど2nd Street とBowery Streetの間にポイズンショップが登場します。と、そのとなりにプライベートパークが!みんなで動物園のようにおりの中を覗いていると、おばさんが「入りなよ!」と鍵をあけて中にいれてもらいました。
c0120817_1033917.jpg
話を聞き込むうみっち。
c0120817_1041117.jpg
大きな鳥の壁画。
c0120817_1044356.jpg
c0120817_105795.jpg
c0120817_1052542.jpg
たくさんの花々が咲きほこっていました。今はスズランが旬なんでしょうかね、とってもかわいかったですよ。こういった小さなガーデンはマンハッタンの中にいくつかあるのですが、中まで入れるのはラッキーでした。ニューヨークは都会というイメージがありますが、住んでみると、素朴な面がたくさん。古いものと新しいものが共存しているけど、みんな自然が大好きなんだと思います。
c0120817_101189.jpg

前回のブログにも書いたのだけど、John Derianのお店。http://www.johnderian.com/
ここは、2軒あってリネン系と雑貨系。ポイズンパワー炸裂です。そして、その横にはかわいい海の中の壁画。アンドリューも来てくれて、わたしの友人を紹介できてよかったです。
c0120817_1014572.jpg
c0120817_101515100.jpg
うみっちとここでお別れして、まきこさんを古き良きアメリカ的な床屋さんへ連れて行ってあげました。アンドリューの行きつけです。中を撮るのわすれたけど、南米っぽいというか、なんかいい感じなんですよ!
c0120817_10165136.jpg
ということで、2日目は終了。なかなか濃い1日でありました。

P.S.ブログに旅の模様を書いているのですが、1日に観光する量が多すぎて大変なんです〜。
by mimicafe2007 | 2009-05-19 23:35 | STREET VIEW

English Here

猫バスといっても、ほんものバスではありませんからね〜。徒歩と地下鉄で、まるで「猫の通り道を猫になりきって練り歩くツアー」という感じでしょうかね(笑)
ブログがご縁で仲良くなったまきこさんが日本から遊びにいらっしゃいました。初めてのひとり旅ということで、はりきって初日、入国して間もないのに引っぱりまわしてしまいましたが、彼女はタフ!まさしく類友のにおいがする。
もし、このブログを見てくださってNYへ旅行してみようかなと思った方、参考になればと思いますが、かなり、徒歩移動の激しいツアーです。

c0120817_14414658.jpg
ブルックリンからマンハッタンの夜景を拝みにいきました。暗がりなのですが、夜景スポットでたくさんの人が集まっていました。
ブルックリンブリッジは豪快に見えます。
c0120817_1443983.jpg

地下鉄青ラインAまたはCで「High Street駅」赤の2番か3番の「Clark Street駅」で下車。地図をたどって行くのですが、Clark駅で降りて、「ブルックリンハイツプロムナード」という遊歩道を歩いてから、ブルックリン橋の近くOld Fultonの通りに向かうと絶好調の夜景に涙を流すことでしょう(笑)ちなみにClark駅からClark Street をColumbia Heightsの通りに向かって歩きます。そして、ブルックリン橋の方向にColumbia Heightsを歩くと「Pineapple Street, Orange Street, Cranberry Street」とフルーツの名前の通りに出会います。だからといってフルーツがあるわけじゃないんだけど、なんかかわいいんですよね。ま、そのまま下って行くと(北のほうに行くといったほうがいいのかな?)そうしたら「Old Fulton Street」広い木の床の広場に出れます。広場の真ん中にはアイスクリームファクトリーがあるのでお試しを(わたしはまだ食べたことないけどね→夜はやってんのかなぁ?)それと、Old Fulton St (オールドフルトン)を川を背に歩くと左手にピザ屋があって行列です。なんでもNYで最古のピザ釜で焼いてるんだとか。まあ、列です。とまあ、夜景を存分に楽しめます。このあたりはロケーションが素敵なので日中の週末はウエディングのカップルの写真撮影に出会う事が多いですよ。
ここは「ダンボ地区」と呼ばれています。ここに地図が貼付けられたら…。パソコン作業にうといもので。
Manhattan Bridgeのふもと下にある「York Street 駅」からも眺めは最高。橋をくぐり抜けると公園があって、橋から豪快な写真が撮れます。
c0120817_21456100.jpg
以前行ったときの写真です。
c0120817_21475133.jpg
レンガ作りや石畳が多いのですが、これ、陰をチョークで描いたもの。なんかいいね。
c0120817_21485734.jpg
この辺りの方が、お店などがたくさんあります(High Street よりは)

さて、我々、実はこの広場に先に来てしまったので、そのあとプロムナードと移動。そこから、ブルックリンの「いい感じストリート」を横切って歩き歩き歩きはて(笑)「アトランティックアベニュー」という広い通りにやってきます。
c0120817_2252764.jpg
(通りにあった花屋さんのディスプレイ)
ちょうど、ブルックリンの中央「クロックタワー(時計台)」のある方向につながります。それを目標に進んで行くと、ポイズン系ストリートを見かける事ができます(注*ポイズン=毒、レストランやカフェ、雑貨店など目がキョロキョロ泳ぐかのごとく、そわそわしてしまうラブリーな感情表現のこと(私流です)ポイズンショップ、ポイズンレストラン、ポイズンストリート、ポイズン系というと少しあいまい。ポイズンの可能性ありというわけです。はまれば「中毒」ですからね)
「Court Street x Bergen Streetあたり」「Smith Street x Bergen Streetあたり」アトランティックアベニュー沿いは密集はしてないけれど、アンティーク系のお店があります。中東系のお店もあり、民族衣装というかアラブ系の姿を見かけます。
さて、我々は(のどに手をポンポンポンと叩きながら宇宙人の真似をしているようね)バーゲンストリート駅近くの「Cafe Tabac」へ。http://www.bartabacny.com/index.html
ここはいつも人がいっぱい。アメリカンフレンチですね。生演奏もときどきやってます。
c0120817_2255028.jpg
ちなみにここはアメリカンエクスプレスのクレジットカードか現金(キャッシュ)しか使えませんので。
それから地下鉄で岐路につくという。
もう、しょっぱなから引っ張り回してしまいましたが、満喫ニューヨーク、とことんローラー作戦な感覚で楽しみましょう。
by mimicafe2007 | 2009-05-19 15:10 | STREET VIEW

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30