いなかの風景

English Here

c0120817_8241117.jpg

金沢駅へ着くと、あれま、電車時間が迫っていて、さっさと休まずに乗り込みました。9時台後半の週末ともあって、満席満員。わたしら2人して、でっかい荷物。ちょいと恥ずかしかったりしましたが(笑)羽咋を過ぎれば、もうガラガラ。昔から比べるとハイテクになった電車は、しかしながら乗り時間は同じという…無言です(笑)

まあ、我々、疲れはピークでございまして、駅では父が待っており、家まで車。もうすでに11時。窓から見える景色、私からするとシンプルな町並みだけど、アンドリューさんから見ると、「おおおおおおっ、素晴らしい、美しい」と見えたわけで(笑)

さて、家に着くと母が迎えてくれて、あらためて「はじめまして〜」まあ、スカイプで何度か面識はあるんだけど。以外や父の英会話が、ちゃんと通じていたのでありました。父の頭脳は図書館なみなので(物知り)、なんだかんだ話題は、私と母を置いてきぼりにしてたけど。

c0120817_8351854.jpg

こちらは、アンドリューからのギフト。メトロポリタン美術館で見つけたキャンドル立て。実際は青い色合いなんだけど、ろうそくをともすと、オレンジ色に変わります。改めて見ると、素敵です。すると、父がステンドグラスのうんちくを語りだしました。以前、趣味で作っていたので、さっそく押し入れからホコリのかぶったガラスの破片など引っ張りだしてきました。
c0120817_838198.jpg

ほこりまみれなんだけど、一枚2500円もするのね〜。これはうん十年前に東急ハンズで購入したものらしい。
それから、ルンバを送った友人から、かわいいギフトが届いてました。彼女のお気に入りの木でできた動物さん。軽くって、ポイズン。肌触りも良い感じ。
c0120817_841153.jpg
さんきゅーまさみん。
とまあ、わいわい深夜に盛上がっていました。


c0120817_8423488.jpg

c0120817_843122.jpg

翌日、朝食だったか忘れたけど(時差ボケか)わたしは納豆と茶碗豆腐(七尾名物)を。アンドリューも納豆以外は食べてたっけ。いや、わたしが納豆全部平らげてしまってたような気がする。

そのあと、ドライブで七尾の観光。といっても、何がある?ちょっと考えてしまったけど、まあとりあえず和倉温泉だ!とそっちのほうに。あ、そうだ、足湯がある!と、足湯パーク(無料)へ。
c0120817_84682.jpg

七尾湾が一望できますので、観光客も結構いました。
c0120817_8484791.jpg

温泉というのは、熱いもので、足湯は日本人にとっては、そーんなに熱くはないんだけど、アンドリューさんにとっては熱かったみたいです(笑)
そのあと、和倉の温泉源へ。ここへお湯を汲みにくる人も多々。
c0120817_8523843.jpg

これから仕事に出かける仲居さんたちの姿がちらほら。
c0120817_8561242.jpg

お、彼が一番興味があったもの「ビールの自動販売機/Beer Bending Machine」
購入できないのが残念と言ってたけど、運転免許がないと買えなくなったんだよねぇ?アメリカの免許で挑戦してみればよかった?

さて、車を走らせて七尾市内へ。普通の眺めだけど田園風景には感動したらしい。特に、彼は「茶の味」という映画のファンなので、結構、ここの町と風景がかぶります。
c0120817_8595673.jpg


次は、七尾駅前とユニー。
c0120817_905874.jpg

A「あれは何?」
S「NTTのタワーだよ」
A「なんか、ガジラ(ゴジラの意味:英語での発音はこうなります)が出てきそう…、ガジラタワー!ガジラタワーだ!」
と、妙にはしゃいでらっしゃるんですけど。しまいにゃ、近くまで見に行きたいと(笑)新しい七尾新名所になるのかもしれないですね。

c0120817_9443.jpg

お金の使い方が難しい…、そりゃ私もアメリカのお金には、迷わされたものですよ。日本のが分かりやすいと思うんだけど(日本人談)
c0120817_952997.jpg

はい、ミスタードーナツ。コーヒーのお代わりサービスやら、なんやらかんやらと、かなり気に入った様子。ただ、喫煙禁煙が一緒なのが納得いかないようで。アメリカでは完全禁煙。外で吸うのがあたりまえの国ですから、日本の混合喫煙はびっくりしたみたい。
c0120817_983787.jpg

いまどきの日本といえば、これ?!
c0120817_994048.jpg

実は、わたしも四苦八苦、「どんなんしてつかうがんやったっけー」
c0120817_9104960.jpg

撮るのは簡単だけど、そのあとドコからプリントされるのかわからなく、今は移動して、専門の書き込みスペースみたいなのがあるんだねぇ。しかも、書き方に四苦八苦。結構、これって脳内なんとかに良いのかな?
c0120817_913327.jpg

こんなんできましたー。年甲斐になくハッスルしてしまったよ(笑)
c0120817_9185134.jpg


つづく
by mimicafe2007 | 2009-08-26 09:15 | STREET VIEW

里帰り

English Here

先週のお盆まっただ中、日本に里帰りしてきました。毎回、帰ると友人にあったりとイロイロスケジュールを立てまくる私ですが、今回は「ち〜ん」とを目標に。アンドリューさんは初の日本。長時間のヒコウキは大丈夫かと心配だったけど、なんとかクリア。成田から石川県、うちの実家までの乗り継ぎが一番こたえたな〜。

しかしながら、かなり忙しい日々となってしまいましたが、そもそも、飛行機のチケットを取ったのも、2週間前くらいだし、バケーションやお盆と重なって、格安では無理かと思っていたんだけど、ラッキーなことにJALが取れました。夏のお盆で往復10万円くらいです。もう少し、計画的だったら、もう一声安くなっていたかもしれませんが、他のを見ると、16万とか18万とか。それでもって、ビザの関係で、ある書類が必要とのことで、スポンサーカンパニーのサインなどが必要とのことで、連絡を取ったが取れない状況のもと、一か八かの綱渡り的なやりとりに何とか無事に旅行前日に書類をゲット。これがなきゃ里帰りができなるなるところでした。
c0120817_14352629.jpg

JALの席割りは、アンドリューの希望で通路側。わたしはいつも窓側なんだけど、今回は我慢。でも、案外窓側ってトイレに行くなどの作業が大変なので、以外や通路側って便利だなと思いました。シートや液晶画面は最高に素晴らしいものだったけど、残念だったのが機内食。ちょっと、がっかりだった(涙)人によりけりだけど、塩や胡椒などの付属品がついてないし、食事は味ない(ちょっとおどろき)アメリカ発だから?いやいや、わたしのお隣の方が声に不都合が有る方で、少しお手伝い(スッチーさんとのやりとり)したけど、彼女は不機嫌そうだった。
まあ、機内食はいまひとつだったけど、かき餅やらおつまみスナックはバリバリ食べてしまいました(アンドリューさんがギョッとしてたけど)
c0120817_14433234.jpg

c0120817_14435053.jpg

2人してチキンを注文したんだけど、スッチーさんから「もしよければ、おひとつカレーにしていただけませんか?」とのこと。数に限りがあるそうで、まあカレーのいい香りに「よし!」とばかり。しかしながら、完食はできませんでした(涙)
c0120817_1445369.jpg
これが、最後の食事、朝食というか昼食というか、味はシンプルすぎて(涙)
c0120817_14462895.jpg

ニューヨークを昼に出て、日本には翌日の夕方に着。夜は見れなかったです。流星群が窓から見れるかとワクワクしてたんだけど。
あと、映画はとくに面白そうなものはなかったけど、「鴨川ホルモー」を2人で見ました。最近、たまにふたりで「ゲロンチョリー」なんてやってますけど(映画を見た人にしかわからないね、これは)
鴨川ホルモー公式サイト
http://www.horumo.jp/index.html
とまあ、案外5時間くらいで日本についたような気がしてなりません(実際は14時間)
c0120817_14503791.jpg

成田について、「Yokoso! JAPAN」を見て飛び跳ねるアンドリュー氏(彼のお気に入り言葉のひとつが「ヨーコソ!」
はい、ここまではいいのですが、交通渋滞も考えて羽田のフライトをキャンセルし、成田発小松に変更。我々はおとなりのターミナルへバスで移動。なんだかんだで7時半のフライトになり、小さなバスにのって飛行機へ。なんともそれは小さな飛行機だったんです。
c0120817_14542040.jpg

c0120817_14544121.jpg

ちょっとワクワクと大丈夫かねぇと不安も少し。でも、スッチーさんはとてもいいサービスをしてました。そして、飛行機から見える夜景で、東京ほど明かりはない場所だけど、ちらほら花火を目にしました。ちっちゃい火花というか、ゆっくり開いてゆっくり消えてゆく。なんとも風情がありました。
さて、飛行時間約1時間、小松に到着。そこからバスで1時間金沢へ。金沢からドンコ電車で七尾へ1時間半。しかも、かくえきていしゃ〜!!!
七尾の駅では両親が迎えに来てくれてましたが、ニューヨークを11時半(午前)にでて14時間。成田に着いたのは翌日の夕方4時半。なんとも移動が大変です。せめて、遅い時間の能登空港便があったらと思うのですが…。

つづく
by mimicafe2007 | 2009-08-24 15:00 | STREET VIEW

Roomba使用報告

English Here

え〜、しばらく日本滞在し、つい先週末に帰ってきましたが、バタバタしておりまして、ブログの更新もスロウでございますが、またどうぞ、ごゆるりと遊びにいらしてくださいませ〜。

さて、
友人から「Roomba」を使った感想が届きました。センサーで反応する自動掃除機。最初はフロアを徘徊し、何があって、どこがどうでというのをセンサーで感じ取るらしいです。それから、掃除開始。ゆっくりではあるけれど、くまなく隅々を掃除してくれるとのこと。ソファやベッドの下など、ふだんの掃除機では時間と体力を使うけれど、こいつは相当たいしたものらしい。
で、掃除中に例えばイスを動かしたり、最初の徘徊時で読み取ったデーターと違う位置を感じとったルンバは、ひとたび迷うそうな。
友人から話を聞いてると、なんだか面白そうね、この掃除機。日本の狭い部屋やしきりのあるところは、すこし不便かもしれないけど、案外、今時の家?フローリングや、しきりがなくフラットになった床設備にはいいかもね。あと、カーペットの段差なんかも大丈夫らしい。
日本だと7万円ほどするらしいけど、ロボットが掃除する時代がやってきてるみたいですね。
しかし、なんでアメリカの掃除機は重いんでしょう!!!
c0120817_1424289.jpg

(写真は、空輸で運んだルンバが到着したところ)
こちらは、友人のメールをコピーいたしました。さ、みなさんもルンバを試してみませんか?

順番としては。。。
最初に部屋を徘徊して、掃除ルートを確認。
その後に、掃除を開始。2往復くらいしてくれる。

時間は結構掛かります。
でも急いでチャカチャカ適当な掃除をするくらいなら、丁寧に2往復してくれるルンバの方が
間違いなくお部屋はキレイになります。

そして当然、障害物が多い部屋は時間がかかってます。
椅子の足で足止め、とかコードで足止め、とか。
一度ルートを確認してるので、その後掃除をしている時にに椅子を引いたとかいうルートの変化が
あると、かなり迷ってます(笑)
なので、なるべくスイスイ徘徊できるようにしてからお掃除を開始した方が、結果時間は短縮されます。

なので、外出してる時やお風呂に入っている時に掃除しておいてー、くらいが一番いいかもね。

音は、ふつーの掃除機と同じくらいかな。
ルンバだから静か、というのはなかったよ。

でも、それでも、ルンバがあるとないとでは大違い!!
ベッドの下もスイスイ掃除してくれます。
あぁ、健気なルンバちゃんです。

東京のマンションは狭小マンションだから寝室で活躍してもらってますが
(ご存じのとおり、リビングは狭く障害物も多いのでルンバに活躍してもらうまでもない・・・;)
by mimicafe2007 | 2009-08-24 14:04 | FRIENDS

Roomba

English Here

友人からのリクエスト「ルンバ」というオートマティック掃除機を買ってきて〜♡…丸い円盤で、センサーから部屋の隅々、勝手に掃除してくれルンバ。(なんかすごい日本語や)

彼女とのメールのやり取りで、「お易い御用!スーツケースに入ればラクチンさ!」などと安易に考えていて、いざ家電量販店へ。
「お!あったあった」と、見た目の箱は大きいのは仕方ないが、手にしてみると
「お、重いじゃないか…」
アンドリューさんも一緒で、「以前、スーツケースを運ぶのを手伝ったけど、かなりヘビィだったしこれも一緒となると、無理だと思うよ」
わたしも少し、不安に思い、もう一回彼女と話し合ってみよう、ということに。

一応、アメリカのクロネコ宅急便などに問い合わせしたところ、送料は1万円ほど。家電量販品店からエクスプレスでの発送は1万5千円くらい。現物の日本販売価格は7万なんぼという価格(うわぁ〜)そう考えると、約$300+タックスに送料とくれば、まあまあいいところだろう。
彼女がぴょんぴょん飛びはねて、娘といっしょに喜んでいる姿が想像できる。
彼女に連絡すると、「まあいいかぁ、でもいつでもいいし船便で送って〜」とのこと。彼女からの了解をいただき、再び量販店へ。もう一回手に持ってみる。

あれ???なんか軽いんですけど。

いやいや、まったく以前と同じで、なにかが抜かれたわけでもなく、わたしの調子が以前は悪かったんでしょうか、今は元気なのか、「あれ、これならいけるかも」な〜んて思ってしまって…

c0120817_9462853.jpg

じゃじゃじゃーん、購入。
ま、大変なのは階段の上り下りであって、空港行けば、それでオッケー。
で、それから、これを成田から彼女のうちに配送となると、裸じゃよくないやろうと。
でも、よさげな大きい包装紙もなにもない。
工作好きな私は、紙の袋を用意して…

c0120817_9505558.jpg

しかも、カッターもなく、ナイフも切れ味悪く、唯一あったのは「まゆ毛カットのはさみ」(笑)

c0120817_952764.jpg

これぞ「エコラッッピング」

c0120817_9525612.jpg

手提げ紙袋の横をカットし、裏返します。それを二つ合体させて、幅広の紙袋を作りました。

c0120817_9542881.jpg

頑丈にテープを貼付けて、これでオッケー。

家電量販店から地下鉄で移動しようとしたとき、結構、みなさんジロジロ見てましたね。なにせむき出しでしたから。
で、ある男性がすれ違い様、「これ、めっちゃはまるでぇ〜(英語で言ってました)」
なんだかうれしくなっちゃったね。

で、さっそくうちの家族に話したら、うちにも買ってきて〜って、ほんまかいな。

というわけで、数日後お楽しみに〜!!!
by mimicafe2007 | 2009-08-13 09:57 | FRIENDS

映画ロケ

English Here

ちょうど歩いていたら、またまたロケをやってた。それにしてもでっかい道具である。
c0120817_930965.jpg

一瞬、シャチが泳いでいるのかと思った。
by mimicafe2007 | 2009-08-13 09:30 | Movie

やきそば

English Here

日本のスーパーで焼きそばを見つけました。久々に食べたけど、懐かし〜い。焼きそば、ラーメン、素麺、冷やし中華…麺のオンパレード。

c0120817_9272590.jpg

c0120817_9274495.jpg

by mimicafe2007 | 2009-08-13 09:28 | FOODS

English Here

八月もすでに真ん中。日本はかなり暑いそうで。湿気と無風のダブルパンチで「暑い」というよりは、ひらがなで「あぢぃ」といった感覚でしょうか(笑)こちら、ニューヨークは天気がくるくるかわります。今日は朝から夜にかけて、30度前後。湿気がない分、暑いけど、我慢を強いるほどではないです。地下鉄や室内は冷房で寒いくらい。でも、今日は気温の差がなかったためか、地下鉄の中ではちょうど良かったような気がする(ということは、かなり暑かった)ただ、こう暑いと、市内のにおいが厳しかったりするんだな〜、これが。いろんな匂いが混ざりあってますからね。

さて、そろそろ里帰りの準備にはいらなくっちゃとばかり、お土産をなんとかせねばと、ケーキ材料店へ出かけました。
c0120817_11464795.jpg

c0120817_1147211.jpg

ケーキデコレーションに使う飾りの人形で、セクシー系です(笑)次回はこういうのを使って作ってみましょうか(わははは)
さて、前回は砂糖や小麦粉など製菓材料を買い込んで里帰りしたわけですが、いやぁ、重かった(笑)今回は、うちで簡単に作れるように、こっちで仕込んじゃえ!とばかりに、数種類の生地を仕込んだわけですが…
かばんに入れて運ぼうとすると、「う…、重いじゃないか!」そりゃそうやね、材料使って作るんだから、重さがマイナスになるわけないっか(笑)
何を作ったかというと、アメリカならでは!
「チョコチップクッキー(ドラえもん風)今回、特別マシュマロ入り〜」
ニューヨークといえば!
「カップケーキ〜の上のバタークリーム〜♪」
と、仕込んで参りました。修業の成果をた〜んと家族に証明せんと!
しかし、その他にもいろいろと、カップケーキを焼くためのパンとか道具もね。
とりあえず、あとは衣服をつめて完成!っていうか、前日の夜につめまする、なんておきらくなことでしょう!!!
by mimicafe2007 | 2009-08-12 11:57 | ひとりごと

English Here

なんだか、食べてばかりのような私の生活。
この日はベトナムサンドイッチに挑戦。なんどか食べたことはあるんだけど、以外とおいしいのよね。
c0120817_5182392.jpg

c0120817_5183943.jpg

お腹がすいてて、味がどうだったか詳しく覚えてないんだけど、おいしかった!
多分、五つの香辛料(中国のスパイス)→名前忘れた。とシアントローに油の乗ったジューシーなポーク。なんか、豚の角煮っぽいな。パンはフランスパンぽいバンズで、おいしいのよ、あつあつで。
c0120817_519210.jpg

店内は狭いんだけど、味はよかったよ。
c0120817_5192370.jpg


num pang
21 East 12th Street
www.numpangnyc.com
by mimicafe2007 | 2009-08-10 05:23 | FOODS

English Here

なにやら、素敵な音楽が聞こえてくるではないか…と、あるバーをのぞくと、アイリッシュ音楽を演奏していました。なんだかとってもいい響き。
c0120817_564877.jpg

c0120817_571936.jpg

c0120817_58585.jpg

室内も雰囲気がよくって。アンティークがいろいろ。
c0120817_585958.jpg

c0120817_5102046.jpg

とくに、トイレの洗面所がよかった(笑)
c0120817_5104552.jpg

しかし、音楽でビールを一杯誘われてしまったよ。

Lillie's Bar & Restaurant
13 East 17th Street
(between Union Sq & 5th Ave)
www.lilliesnyc.com

c0120817_515895.jpg

by mimicafe2007 | 2009-08-10 05:14 | JAZZ&MUSIC

カップケーキ移動販売

English Here

おおお、発見しました。カップケーキを販売するトラックを!!!

c0120817_4595937.jpg

c0120817_504396.jpg

c0120817_51290.jpg

なんとなく味は見た感じでわかったので、買わずに他の方が買ったのを見せてもらいました。
c0120817_511997.jpg

カップケーキでした!アイディア勝負ですな。
by mimicafe2007 | 2009-08-10 05:03 | FOODS

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko