<   2008年 03月 ( 45 )   > この月の画像一覧

English Hereセントラルパークへ久しぶりに行ってきました。休日を過ごす意味が深々とわかる場所です。特に、日本人にとっては(私だけ?)休日ののんびりモードは勉強すべきだと思います、私だけかな(笑)
c0120817_10505982.jpg
c0120817_10512392.jpg
セントラルパークの中央、7thアベニューです。
c0120817_1052799.jpg
c0120817_10523539.jpg
夏には緑の木々で美しいそう。
c0120817_10532482.jpg
私の仲間がいっぱい?
c0120817_1054366.jpg
c0120817_10543221.jpg
c0120817_1055649.jpg
ここの通りをくぐりぬけると…
c0120817_105550100.jpg
ベセスダ噴水があります。
c0120817_10572739.jpg
念願かなってやっとたどり着きました。2004年に来たとき、またNYに戻ってこれますようネガイをかけお金を投げ入れたんですが、(去年はたどり着けず)水がなかった…。
c0120817_10595593.jpg
噴水の近くでなにやら黒人男性がバケツをドラム代わりに叩いてます。プロ顔負けの腕前!
c0120817_1112261.jpg
パフォーマンスといい客入れの呼びかけが上手で、あっという間に100人は集まっていたでしょうね。もう、ギャグセンスも抜群でおかしくっておもしろくって皆の笑いを誘ってましたね。また、パフォーマンスがすごい!
c0120817_1132720.jpg
c0120817_1135365.jpg
c0120817_1143810.jpg
ドラマーの人がポーンと投げたスティックを受け取った瞬間(この方、有名人?だそうです)
c0120817_115548.jpg
c0120817_1162127.jpg
どさくさまぎれにかわいい赤ちゃん。
c0120817_117061.jpg
みんなゲラゲラ笑っている最中、なんと観客を呼び出し舞台に!白人の女性。
c0120817_1183047.jpg
「ハウスワイフをゲットしたぜい〜」と、片方はつっこみで「あほか!」と。
c0120817_1195085.jpg
次々と女性陣が呼び出され…。
c0120817_11104360.jpg
黒人女性ワオッってな感じで(笑)
c0120817_111137100.jpg
お次ぎはエイジアン!ドキッ!目を合わさぬように。ああ、よかった、向こうの女性が指名。韓国人です。
c0120817_11133411.jpg
最後にアジアの男性を!ということで韓国人らしい男性をひっぱりだしました。どうも日本人をイメージして「カメラを撮りまくってたら日本人!キーワードはプレーステーション、お前の名前はKAWASAKI」などと言って笑いを誘ってました。ほんとおかしかった、え、私のこと?(カメラ小僧)
c0120817_11163875.jpg
彼らを立たせたままパフォーマンスは続き、
c0120817_11174326.jpg
最後にチップを受け取るシーン。面白いことに、最後にチップをいれたのはマンハッタン在住の人、マンハッタンマンハッタン。マンハッタンの人はやさしい!すると観客からチップのサイン、オタクはどこの出身だい?カリフォルニア?おー。カリフォルニアカリフォルニア、最高だぜベイベー。ってな具合でチップもらうのもパフォーマンスがてら笑いをとってました。
c0120817_11211927.jpg
最後はどうなったかって、馬跳びです。う〜ん、動画を撮ってお見せしたいんですが、システムがわからないので今はお見せできない。残念!見事な5人飛び!人は近く、遠くもあわせて200人は見てたでしょうね。すごかったです。
c0120817_1123694.jpg
c0120817_112437100.jpg
式を終えたばかりのカップル、撮影会です。
c0120817_11253436.jpg
c0120817_1126048.jpg
c0120817_11262565.jpg
c0120817_1127280.jpg
c0120817_11272566.jpg
のどかです。
c0120817_11275693.jpg
c0120817_11282093.jpg
c0120817_11285016.jpg
空がこんなに広く感じるのは不思議です。
c0120817_11294037.jpg
c0120817_11301878.jpg
c0120817_11303899.jpg
のびのびできた休日でした。うちに帰ると4時半。マフィンを焼いて再び胃を活動させる。よく眠れそうだ。明日からまた、がんばるぞ!
c0120817_1131562.jpg

by mimicafe2007 | 2008-03-31 11:32 | STREET VIEW

Spring of Brooklyn

English Here

c0120817_10164391.jpg
桜満開です。うちの裏に咲いてます。今日は日曜、春を見つけにブルックリンエリアに行ってきました。
c0120817_1018296.jpg
木々の芽がふくらみワクワクしてきますが、快晴のわりには、めっちゃ空気が冷たいんですよ。
c0120817_10191724.jpg
おお、時制がくるってるのか…景色が歪んで見えます。
c0120817_10201542.jpg
風船でした。
c0120817_10204830.jpg
ブルックリンのBQラインに乗って7th駅下車。CrintだったかStreetがあってその向こうにPark pl st。まっすぐ道なりに行くとVanderbit Aveにたどりつきます。その通り沿い(Bet Park pl and Prospect pl)「joyce」というベーカリーカフェに行ってきました。
c0120817_10263521.jpg
c0120817_1027627.jpg
黄緑色の春らしい色合いの店内にはたくさんの顧客が。ゆったり落ち着いた親しみやすいカフェ。
c0120817_10282179.jpg
ジャムのような瓶はコーヒーが入ってます。スコーンとアーモンドケーキを。優しい味わいで美味しかった。また、来たいと思いました。
c0120817_10294445.jpg
店内で出会ったキャベツ畑のお人形、いえいえ、かわいい赤ちゃん。
c0120817_10304251.jpg
衛生環境も良かったです!
c0120817_10313259.jpg
外にでるとワンちゃんパレードっていうか、どのひともワンちゃん連れています。
c0120817_10324635.jpg
c0120817_10341278.jpg
いけてます!
c0120817_1035154.jpg
c0120817_10352961.jpg
帰り際、どこからか、にぎやかなサウンドが耳に入ってきました。教会です。ちょっとのぞいてみると、どうぞどうぞと笑顔で受け入れてくれました。私は後ろの方で見ていましたが、みんなでゴスペルを歌っています。楽しそうです。ドラムもサックスもベースもいます。すると、ポン!と肩を叩かれて振り向くと、神父さんがにっこり笑って「楽しんでってね!」って。途中休憩に入ったのか皆がロビーに出てきた。派手な衣装のおばあちゃんが私を見て、「How are you!!!!」とギュッとハグしてくれて「God bless you!」ってにっこり微笑んでくれました。フッと肩の力が抜けて暖かな気持ちがモクモクと出てきましたよ(笑)アメリカの人たちの暖かさが感じられたひとときでした。
c0120817_10432317.jpg

by mimicafe2007 | 2008-03-31 10:45 | FOODS

Norcina Sauce & Potato Gnocchi

English Here
土曜の夜は「ノルチーナソースとニョッキ」のディナーを楽しみました。ノルチーナとは中央イタリアのソース、牛肉を使ったソースのこと。

Norcina Sauce
オリーブオイル 3テーブルスプーン(たっぷりめ)
レッドオニオン 4分の1(多めでも良い、ここんちはレッドオニオンをよく使う)
*ちなみに日本でよく使うタマネギはスパニッシュオニオンといいます。
ポルトベッラ(イタリア産キノコ)175g(普通のマッシュルーム8個分くらい?)
*え〜、ルールはないので茄子やマッシュルームなどいろいろ使ってみてください。
バジルリーフ(葉)8枚ほど
無塩トマトジュース 750ml
牛肉ミンチ(ここでは子牛を使用grounded beal beef というそうです)コブシ両手分
ペペロンチーニスパイス 1ティースプーン
*残念ながらイタリアでないと購入できないそう。中身は後で説明しますが、豆板醤みたいな感じのもので代用できると思います。
バルサミコ酢 1テーブルスプーン
水1カップ
塩(海の塩)少々

c0120817_9175820.jpg
レッドオニオンを大ぶりのみじん切りにし、オリーブオイルをひいた深めのフライパンで炒めます。
牛ミンチを入れてまんべんなく火を入れます。
c0120817_9294494.jpg
キノコ類を入れて火を入れ、バルサミコ酢、塩小さじ1程度入れて(海の塩は後から味がでてきます)しばらく炒めます。
c0120817_9314875.jpg
ちょっと蒸し煮。
c0120817_9324127.jpg
どかーんとトマトジュースを入れて…
c0120817_9333839.jpg
水1カップほど入れます(もし、缶やパックにトマトが残っていたら水をそれにいれてください。無駄のないようにね)
c0120817_935111.jpg
バジルの葉を手でちぎっていれます。旨味がでるそうです。(コンニャクもそうでしょ!)
c0120817_936146.jpg
こちらがペペロンチーニスパイス。中身はチリペッパー、オリーブオイル、サンフラワーシードオイル、バジル、ビネガー、ソルトとなってます。豆板醤は味噌風味ですが、こんどこれをかわりに使って実験してみます(日本から持ってきました)
c0120817_938518.jpg
すべて混ぜ合わせ、味見して塩を加える等、調節してください、ただ煮込みますので煮詰まることも考慮して。ルールはありませんが、自分がおいしいって思ったらオッケーです。ふたをして1時間弱火で煮込みましょう。その間に…
c0120817_9402555.jpg
アーモンドをいって…
c0120817_9405743.jpg
醤油をかけて絡めたら…醤油アーモンド(笑)失敗した〜!あつあつだと、食感がしけった感じに。ヒマワリの種かカボチャの種、松の実だと美味しいです。でもこの、アーモンド、次の日はカリッと香ばしく美味しかった。
c0120817_1082879.jpg
ということで、茹でたてニョッキにソースをかけてパルメザンをたっぷりと。グラッチュェ♪
by mimicafe2007 | 2008-03-31 10:09 | FRIENDS

近所のケーキ屋さん

English Here
洗濯がてら近所のケーキ屋さんによりました。先日食べたタルトがとても美味しかったので…。
c0120817_8545276.jpg
う〜ん、どれも甘そうだけど名前も値段も書いていない。
c0120817_8562049.jpg
これこれ、おいしかったのは。このお店は「Patisserie la Brioche D'Or」うちから少し上の方に行くとアラビック系の人たちが多く、ここの常連に多い。たまたま居合わせた方に勧められたケーキを購入したが、あとで食べたら甘くて食べれなかった(トホホ)まあ、ケーキは甘いものだから仕方がないんだけど。けど、ここのオーナーはコルドンブルーのジャケット着ていたから、やはり基礎はしっかりしているんだろうな。
c0120817_8595273.jpg
c0120817_901418.jpg
外は冷たい空気だけど春はすぐそこ。
c0120817_904573.jpg

by mimicafe2007 | 2008-03-31 09:01 | FOODS

Blue Berry Pan Cakes

English Here
マイレシピを作ってみたく、パンケーキに挑戦。まずは手本通りに作ってみました。しかしながら、小麦粉がなかったので全粒粉を使いました。
c0120817_23472476.jpg
翻訳するのって面白いけど、あらゆる表現がでてくるのと、「BUTTER」(バター)と「BATTER」(ぽったりとした様子)のような類似した単語があったりと苦戦します(笑)
c0120817_23512235.jpg
窓からの眺め。桜が満開ですでに花びらが飛び交っています。
c0120817_23521533.jpg
これは昨日撮った写真です。
c0120817_23525874.jpg
1枚目が焼けました。いい色具合です。
c0120817_23533827.jpg
100%オーガニックメープルシロップをかけます。
c0120817_23552735.jpg
手始めのパンケーキ。全粒粉はやはりゴワゴワして、また、焼き過ぎもかねて今ひとつ。砂糖は15g。もう少し入れてもいいかもしれない。ブルーベリーは色鮮やかだけど、酸っぱかった…。クランベリーのような味わいに…。また、次回挑戦したいアイテムである。
by mimicafe2007 | 2008-03-29 23:58 | FRIENDS

English Hereこの1週間は本当に早かった。年をとった証拠なのか…。さて、今日は金曜日、授業はお昼すぎまでとなる。今日の授業は「ソースの練習」手間ひまかけて出来たソースは色と味わいのバランスが良く、料理の巾は広がる一方です。
c0120817_23232971.jpg
こちら、焼き肉ではありませんよ!セイタン(小麦タンパク)です。
c0120817_23271438.jpg
レシピはたくさんあるのですが、全て、一人1レシピといった感じで(手があいたら他の人を手伝う)作り方は各自違うので、自宅で練習しないとハウツーを得られません。いや、その場で聞けばベストですが、なかなかそこまでできないのでもったいない思いもしています。
c0120817_2331341.jpg
ちょっと、遊んでみました。
c0120817_23312959.jpg
c0120817_2331495.jpg
これは、ソースの特質、味わいをマスターしてないと駄目ですね。ソースの液状態、バランスがわかれば、きれいなグラデーションができそうなものですし、メインの料理との組み合わせで芸術にもなりそうです(これは勝手に自分でやってることなので授業の一環ではありません)
c0120817_23341484.jpg
卒業式?いえいえ、これは「Friday Night Dinner」といって授業の一環としてクラスのメンバーと先生でレストランを再現したもの。成績にもつながりますからねぇ!ウエイターやキッチンの手伝いも単位に含まれます。私は別の公共授業の準備のヘルプ。これも単位に含まれるんです。
c0120817_2338945.jpg
c0120817_23382336.jpg
c0120817_23383713.jpg
いつもの教室が春らしい装いに変身。何ヶ月後には私のクラスもこういうイベントを構想しなければなりません。それまでに技を磨かないと…。
by mimicafe2007 | 2008-03-29 23:40 | SCHOOL

食べるときのマナー

English Here

晩ご飯は、ごっそり持って帰ったスープ。3種類ほど持ってきたんだけど、結局全部ミックスして辛みを加えて味を整えたら案外いけた!
偶然、レキシントンアベニュー(マンハッタンにて)ではちあわせしたリコと帰りが一緒になったので、晩ご飯を一緒に食べました。リコはイタリア食通なのでベジタリアン系は好みではないのですが、これは旨いと平らげてくれました。そうそう、昼の弁当の豆腐とクスクスの豆板醤炒めも温めてスープにかけて食べたら、これまたヒット。しかしながら、ベジタリアン系の料理は肉食通には物足りなく感じるもの…リコはイタズラまがいに学校かえた方がいい!なんて言いますが、今日でリセット。ベジ料理で毎日快調&快腸(笑)

そうそう、食べてる最中にこんな話題がでました。日本人はものを食べる時、ずるずる音をたてる。以前にNYのジャパニーズヌードルのお店に行ったら、みんながみんなズルズル音をたてて食べていたので「うげげっ」とドン引きしてしまったよ!と。
どうも、ヨーロッパの人達にとっては音をたてる行為は厳禁みたいです。
皿にフォークをぶつけて音をたてるのも良くないらしい。

さて、旅行についての話題です。私のイメージでは外国人は旅行で各国を行き来していたりと経験豊富。なのに、日本は休暇をとるのも大変なこと、とれても海外は1年に一回行けるかどうか。国内旅行が主にメイン(私談)のような気がします。なぜ、外国人は旅行経験が多いのか…。まあ、島国日本というのもあるのかもしれませんし、大陸続きっていうのも大きなポイント。1週間休みをとるには仕事を辞める覚悟も考えものです。(大袈裟)しかしながら、多くの人たちの交通手段が整っているため旅行しやすいんでしょうね。リコがヨーロッパ内の行き来で、格安の航空会社があるんだ!と。片道$35およそ3500円、往復だと7000円でヨーロッパ圏内をわたれるらしい。しかし、ネットでの予約、荷物は手荷物のみ、座席指定なし、機内食なしなど、あらゆる無駄を排除した乗り方で、心地良くはないですが…今もなお人気だとか。

さてさて、ケーキ屋さんについて。NYにはたくさんのベーカリーがあります。イタリア系、フランス系、ニューヨーク系、日本系など。なかでもおすすめなのは「アラビック系、およびモロッコ系」の人たちが経営するケーキ屋。なかなか美味しかったです。
いたって見た目は現代風ですが、味わいはグー!また近々報告します。

ところで「The Legend」というウイルスミスのDVDを見ました。ひさしぶりのハラハラ感に緊張しっぱなし。時間を忘れてしまうくらいドキドキしたホラー?映画。最後はちょっと静かすぎるというか体力限界を感じた終わり方でしたが、まだ見ていない人はぜひ!
by mimicafe2007 | 2008-03-28 11:50 | ひとりごと

English Here

腹八分目を超え、十二分目あたり。エイリアンが飛び出しそうな気配である(冗談)
今日の授業はスープ&シチュー。シチューというと、日本はことことにこんだクリームシチューやビーフシチューをイメージしますが、こちらのシチューは煮物といったところです。
c0120817_843143.jpg
豆のスープや野菜、オニオンスープなど10種類くらい作りました。
c0120817_844127.jpg
私が担当したのはマッシュルームラグー。ラグーとはフレンチ用語で煮込みの意味。しいたけ、こぶりのマッシュルーム、巨大マッシュルーム(ボタンマッシュルーム)イタリアのポルトベッラの4種類を炒めて、ガーリック、野菜ストックとシェリー酒で煮込みます。
c0120817_8465942.jpg
こちら、ちょっと面白い裏技を知りました。煮込みには灰汁がでるでしょ、それを取り除く方法?として玉子の白身を軽く泡立てて、そっと鍋にいれ軽くかき混ぜます。しばらくすると白身を中心に灰汁(アク)が上の方に集まってきて、そんぐり取り除くことができるみたいです。いわば、白身が灰汁を吸収して、白身ともども取り除くといったこと。取り除いたら、こし器でさらにクリアな液体をゲットできるというわけです。なるほど〜!
c0120817_8513054.jpg
(この写真は漉す前です)
c0120817_85226.jpg
今日の昼ご飯。豆腐とクスクスの豆板醤炒めと玄米おにぎり。
c0120817_8525632.jpg
別のクラスのおすそわけ。スイートバンズ。
c0120817_853375.jpg
イベント情報。日本の旨味は海外に進出しています!
c0120817_8541761.jpg
メレニー先生のクラスはいつも、にぎやか!
c0120817_8552072.jpg
試食大会!
c0120817_8554661.jpg
THEボルシチ!
c0120817_8561759.jpg
帰り際、みんな持ち帰り、しばらくスープ三昧の日々が続くでしょう。
by mimicafe2007 | 2008-03-28 08:58 | SCHOOL

English Here

c0120817_1104133.jpg
昨日のスープストックを利用してソース全般を学びました。日本文化にはない手間ひまかけたルー作り。まずは、バターと粉でホワイトソースの原型となるルーを作りました。オリーブオイルを使ったもの、粉を全粒粉にしたもの、時間をかけて色を濃いめにしたもの、あらゆるパターンで。
c0120817_1133376.jpg
その元とあらたに野菜をいためて味わい作り。ソースってこんなに手間がかかるのねー!とフラビアとトーク。
c0120817_1144561.jpg
突然、学校のスタッフが「5分だけ中断して〜」と生徒みんなを外に誘導。
c0120817_1161951.jpg
はあ、なるほど避難訓練だったようです。しかし、他の通行人はびっくりしたでしょうね(シェフ集団が一気に外に出没)
c0120817_1173617.jpg
c0120817_1175261.jpg
野菜をいためると甘みが増します。
c0120817_1183066.jpg
と、最後は試食。いろいろ出来ましたが、どれも甘くて…。ここからいろいろ加えて料理を完成させるわけだから、まあ原点でしょうか。しかし、ソースが命って意味、なんとなく分かる気がします。レストランの生死にかかわるようなものですね。
c0120817_1110335.jpg
今日のユニオンスクエア。
c0120817_1111012.jpg
c0120817_11111573.jpg
c0120817_1111298.jpg

by mimicafe2007 | 2008-03-27 11:11 | SCHOOL

English Here
今日の授業はあらゆるストック、洋風ダシと和風ダシ。授業はところどころフレンチ的な内容が含まれます。日本のダシの取り方も学べてグローバルな学校だなとつくづく思います。洋風ダシはブーケガルニ(ハーブやローリエをガーゼに包んだもの)を使って、ミルポワを作りました。ミルポワとは、洋風ダシのことです。にんじん、たまねぎ、エシャロット、セロリ、ガーリックなどをじっくり煮込んで漉して冷やす行程までします。
c0120817_10445193.jpg
c0120817_1045916.jpg
日本ダシは乾燥シイタケと昆布、カツオブシで取りました。いい香りです。
c0120817_10461585.jpg
こちらは先週仕込んだ「豆腐チーズ」味噌を塗りたぐって何日間か冷蔵。チーズっぽい味わいで面白い調理法でした。
c0120817_10473641.jpg
午後の授業の終わりの方で、先生がストックを利用した「リゾット」を披露。ポルチー二とブラウンライスの赤ワイン風リゾット、ズッキーニと白ワインのリゾット。どちらも美味。たっぷりバターとチーズが入ってます。いやいや、すでにベジタリアンスクールではないです(笑)
c0120817_1050087.jpg
c0120817_10502131.jpg
こちら、ストックを冷やすための掻き混ぜ棒?!凍ってます。おもしろいアイテムです。
c0120817_10511171.jpg
リゾットを作っている間、ピーター先生が「SACHIKO、味噌汁作ってくれ!まかせた!」と指名。よーし!とばかり赤みそ、白みそをブレンドしてジャガイモとわかめの味噌汁をちゃっと作ったら「ゴージャス!」って褒められて有頂天(たかが味噌汁で)

安堵の気分で、寄り道したのはアッパーウエスト。気になるケーキカンパニーを探すため。見つけたけれど、オーダーメイドの小さなカンパニーでした。それはそうと、途中、「カフェラーロ」に入ってケーキを楽しみました。
c0120817_10561261.jpg
メグライアンとトムハンクスの「YOU GOT MAIL」の舞台。
c0120817_10565538.jpg
c0120817_10571398.jpg
c0120817_1057265.jpg
c0120817_10574364.jpg
c0120817_105836.jpg
平日の夕方なので空いてました。気軽に入れる雰囲気は良かったです。また、ブランチメニューがおもしろそう。世界各国のブランチスタイルが楽しめるみたい。ブリティッシュブランチ、アメリカン、フレンチスタイル…、ケーキは甘さ控えめ(に見えないけど)いい感じのお店。
c0120817_110636.jpg

by mimicafe2007 | 2008-03-26 11:00 | SCHOOL

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko