<   2007年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

私と仲がいいベトナム人は、情愛深くて優しい子が多い。最近は、(もともと海外好きでもあるのですが)インターナショナルな友人が多くできるように思う。派遣の仕事では、たくさんのベトナムガールズが働いていて、同じアジア人同士、気があって今に至るといったところ。年代は私より年下ですが、みんなとても真面目でしっかりしてるし、純粋。つい最近では、派遣先が変わって、そこでフィリピン国籍の女の子と友達になった。何人かの人は日本人と結婚していますが、日本語上手なんです。

さてさて、今日は、ベトナムガールズからのリクエストに答えて、彼女達の寮に遊びにいった。行くといつも、きゅーっと抱きしめたり、うれしさあまり、ほっぺをつねったりと、パフォーマンスから愛情がひしひし感じてきます。で、あらよあらよと、部屋に連れ込まれ、以前は服を脱がされ「アオザイ」を着せられるはめに!でも、純粋に喜ばれると、ほんとに嬉しいものですよね。
c0120817_054746.jpg

午後の3時、彼女達の机には、スープらしきものが並んでて、あらご飯時だったかなと尋ねてみると、おやつ的ドリンク!名前は「チェー」 ココナッツミルクと豆やキクラゲみたいなものなど、いろいろ入ってる。味は、ココナッツの甘みが効いてて、あ〜ベトナムの味!でした。思うのよね、彼女達、料理が得意だからベトナム料理店やったら、繁盛するだろうなって。ご飯なんかも、おいしいんだもの。ちなみに、これは手羽先の揚げたやつ。激ウマ。
c0120817_011825.jpg

それから、私がニューヨークから送ったハガキを持ってきて、「だれ、こんなハガキを送るのは」って文章を読んでいくと、最後に私の名が…、めっちゃみんなの話題だったとか。しかも、私、ベトナム語を調べて1時間かけて4行ほど書いたものですから、爆笑だったらしい。そのあと、みんなで、私の写真をパソコンで見て、以前のアオザイ試着大会の写真も見て(しかも、私の下着姿に一番激笑されてしまった)楽しんだあと、ベトナムの歌手のDVDを見せてくれて大合唱。
c0120817_0162623.jpg

楽しい仲間ができたもんだ(笑)
by mimicafe2007 | 2007-10-29 00:17 | ひとりごと

What kind of cakes today?

I made two kind of cakes as usual, but I was not fully satisfied this time. Some reasons are obvious. It was too much mixing and taste wasn't sweeter than I thought. I'm thinking about chenging recipe next time. By way of parenthesis, Carrot and cut cheese, another is Green soy beans and reddish brown beans cake.
c0120817_23381912.jpg
c0120817_23383251.jpg
c0120817_23384845.jpg

今日は、毎度のケーキを二種類作りました。が、満足のいく味、食感でなかったんです。理由は明確!混ぜ過ぎなのと、砂糖が少なかったこと。(他にも多々)以前のレシピを根本的に作り替えないと。ちなみに、今日は「人参とダイスチーズのケーキ」と「枝豆とあずきのケーキ」砂糖は少なめで、今回は塩をポイントに作ってみた。(イタリアの塩は甘みがあるので)朝食にあるマフィン感覚だと、かなりいい感じ。でも、やっぱり愛情込めて焼かないとだめね。ついつい、いかに効率よく作れるか!ってのを交えてやっちゃうもんですから。
c0120817_23442373.jpg

by mimicafe2007 | 2007-10-28 23:45 | FRIENDS

こちら、わたしが日頃、お世話になっている「中華居酒屋 蘇州」さん。ほんとに親切なご夫婦で営業されてて、毎度ながら満足させていただいております。しかし、ところが、めちゃ旨いんですよ。この前は餃子のもちもち感にはまりましたが、今夜担々麺をいただいたところ、これはミナさんにもご報告しとかなきゃってくらいの味。醤油、味噌と食べたけど、担々麺はしっかり胡麻が効いていて、どれも、ちゃんと個性がでてる。まあ、おいしいんです。ちょっと食べにいってみて。場所は和倉温泉駅から田鶴浜方向、パチンコやの敷地内。

http://sosyu.exblog.jp

c0120817_0203973.jpg
c0120817_0205683.jpg
c0120817_0212716.jpg

by mimicafe2007 | 2007-10-25 00:21 | SH0PS

Apple & Grape Black Sugar Cake

はいはい、Sachi のお菓子教室〜!!!今日は頭がさえてました〜(笑)毎度のテキトー分量でつくるSachiのレシピでの、久々のヒットが出たのでご紹介します。しかしながらのテキトーな作り方なので、もし、つくる方がいたらテキトーにやってくだされ。

名付けて 『AGBSC』、ちょっとかっこよく考えたつもりなんですが、『アップルレーズンの黒糖ケーキ』略して『アガベスク』なんじゃこりゃ(笑ってやってください) でも、正直に旨かったんですよ、まじで。なんで、ぜひ、みなさんも家庭でつくっていただいて、検証しようではないか!と。
c0120817_1955557.jpg


『AGBSC』 Apple & Grape Brack Sugar Cake
18㎝ホール1台分 (カップケーキだと10個はとれるかな)
●材料● 〜りんごの煮詰め〜
りんご 1個
レーズン(私は小振りのカレンズというものを使いました) 大さじ4(好みで好きなだけ)
シナモン 小さじ2(好きなかたは、たっぷりと)
塩 ひとつまみ
砂糖(私は三温糖) 大さじ3
水 カップ1
レモン汁 大さじ1〜3
◯作り方○
上記を鍋にいれて、汁がなくなるまで、ことこと煮詰めてください。水分がなくなってくると焦げやすくなりますので注意。煮詰まったら冷水でもなんでも、そのままでもいいので冷ます。ケーキの生地を作ってる間まで煮詰め作業は続いてますので、だいたい、生地作業が終わる頃には煮詰まってますから、即座に冷やすことになります。
●生地の材料●
全卵 2個
砂糖(私は素焚糖を使用、三温等でも白くてもOK)70g
無塩バター 80g
小麦粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 ひとつまみ
◯作り方○
1、砂糖とバターを混ぜます。煮詰めリンゴの鍋の上で蒸気を使うと溶けやすくなります。
2、全卵をハンドミキサーで混ぜます。もわもわっとなるくらい。
3、上記を混ぜます。→私はここで失敗、バターと卵が分離。でも、焼き上がったら問題無し。
4、薄力粉とベーキングパウダーをふるって混ぜます。(めんどくさがりな私は、ふるいながら混ぜ、ふるいながら混ぜ…をしてます)
5、塩をちゃっと入れて混ぜます。(塩をいれると、なんか旨く感じる)このとき、水分があまりはいってないので、ドーナツの生地みたいな「コネコネ」してますが、リンゴ煮入れると大丈夫。
6、ここまでの作業ができると、ちょうどリンゴ煮もいい感じ。ちゃっと冷水で冷まして(ま、ちょっと熱くてもいいやっ)ガッと混ぜる。
7、あ、忘れてた!生地を作り出す前にオーブンは温めておいてね。180度です。外国のオーブンは350°です。で、円形の底がとれる型だと、洗いやすいし、クッキングペーパーの必要なし。手間はかけたくないもんね(笑)ドカッと生地をいれて、少しトントンと型を持ち上げて台の上に落として、生地の中の空気を抜きましょう。
8、さて、オーブンで45分。
9、できたら、そく食べましょう。焼きたて最高!でも、全部食べないで!冷めた後もまた美味だから、そのときの分も考えてとっておきましょう。まあ、食いしん坊の食べ方だから、みんな、気持ちわかるでしょ!
<所要時間 1時間(内、準備のみ15分、焼き時間45分)>

c0120817_20263195.jpg
c0120817_20264475.jpg

アレンジとしてはナッツをいれたり、サワークリームと生クリームを混ぜたまったりクリームを添えてもよろし。お相手は、紅茶を煮だしてミルクをいれた、極上ロイヤルミルクティーが最高です。
by mimicafe2007 | 2007-10-21 20:29 | FRIENDS

やっぱ、修行、練習は必要だわ。荒っぽいや(笑)
c0120817_16503131.jpg
c0120817_17101756.jpg
c0120817_17103035.jpg

by mimicafe2007 | 2007-10-20 16:51

ただ今、Art 真っ最中。

写真は Art とはまったく関係ございません。猫のみみです。

チョークアートを挑戦しましたが、なかなか面白いけど、半年の講座ですが、1ヶ月でマスターできそう。ただ今、第1作品仕上げてます。
c0120817_14323310.jpg

by mimicafe2007 | 2007-10-20 14:32 | Cats & Dogs & Birds

にこちゃんクッキー

とうとう、カメラがこわれてしまったようだ。しばし、携帯のカメラを活用するしかない…。今日は完全オフとなり、部屋の掃除は必須である。どうして、こうも、1週間でちらかるのだろうか、自分一人しかいないのに。

今日は家族ものんびりモードなので、朝は全粒粉に煎った松の実とリンゴ、シナモンをいれてパンケーキを作った。先日、冷蔵庫を整理したら、以前に作り置きしていた自家製タルト生地が出てきたので、クッキーにして焼いてみた。タルト用だったから、砂糖はかなり控えめな味わいだけど、やっぱ、手作りの食感はおいしい。焼きたてはサクサクだった。

今日から、通信教育を始めます。何かというと、チョークアート。スタバとかでカラフルなイラスト入りの黒板の技法などをマスターしようと思って。いわゆる黒板アートです。海外に行くと、こういうのはよくありますが、オーストラリア発祥?のようです。

また、過程をアップできればと思います。
c0120817_1105982.jpg

by mimicafe2007 | 2007-10-20 11:01 | FRIENDS

I'll be back soon

c0120817_2312186.jpg

にぎやかなタイムズスクエアの街も、朝はせわしない光景になって見えます。
c0120817_2321649.jpg

ビルや道路が常に工事中だったNY。この街は、古いものと新しいものが共存する街。
そしてたくさんの人種が訪れて、交流し、さまざまな文化がうまれます。都会か?というと、私の目にはあまり、そうは感じなかった。観光する場所ではなくて、なにか、人間が生活するうえで、いかに楽しく生活していくか、これを見つけるのが上手(言い方がへんだね)な人たちがたくさんいたように思います。彼らは、そういうふうには思わないだろうけど、それがあたりまえになってるから。だれだってセカセカした毎日、これは全人類共通かと思う。だけど、そんな環境の中で、ほんの身の回りのことに対して、いかに楽しみを見つけるか、見いだすか、作り出すか。そうやって人生に色をつけていくんじゃないかな。大人になると、柔軟な素朴な素直な心が、制限されていくのは仕方ないかもしれないけど、子供のように、自由にスケッチして楽しむだけのクレヨンはさらに多くなっていると思います。
c0120817_23142581.jpg
c0120817_23144396.jpg

Thanks a lot for my family and friends.長くて短かった2週間のアメリカ、ニューヨーク1人旅。人との出会いが私の宝となりました。今回は、自分が心の奥に隠していた扉が「ポン」と元気な音をたてて開いてしまいました。そしてスイッチが入り、私の新しい挑戦が始まろうとしています。来年は、子年。すっかり忘れていましたが、来年は「年女」!なんだかワクワク、いいスタートがきれるように準備をしていきたいと思います。
by mimicafe2007 | 2007-10-18 23:16

I'm missing NYC & NJ

c0120817_22413562.jpg
c0120817_22414710.jpg
c0120817_2242213.jpg
c0120817_22422636.jpg

ニュージャージーのラザフォードという街は、穏やかな街です。メインストリートはマンハッタンから比べると、かなり小さいところですが、空気がきれいで落ち着きます。しかも、小さい通りさながら、レストランやカフェの料理がおいしいのなんの。こちらはリゾットという名のリゾット屋さん。日本円で800円くらいです。満腹です。
c0120817_22475825.jpg

c0120817_22482499.jpg
c0120817_22484490.jpg
c0120817_22485897.jpg
c0120817_22491633.jpg

こちらはアンティークショップ。掘り出し物ありそうです。
c0120817_22495684.jpg
c0120817_22501284.jpg
c0120817_22503684.jpg
c0120817_22505128.jpg
c0120817_2251421.jpg

翌日、ニューヨークから離れて日本に帰国。センチメンタルな感じです。
c0120817_2252552.jpg
c0120817_22522375.jpg

おいしいアイスクリーム屋さんもありました。
c0120817_2252565.jpg
c0120817_22531286.jpg

ラザフォードの街が夕闇につつまれていきます。
c0120817_225351100.jpg

この晩は、スティ先の仲間たちとにぎやかなビデオ大会。私は、たくさんの留学生たちが記した滞在日記帳の最後のページにコメントを残しました。その夜は、楽しい皆の笑い声の中、ちょっとついていけない胸の内。明日はJFK…。お世話になった、オーナーの奥様の胸で泣いてしまいました。何故だかわからないけど、たくさん涙がでてきた。年甲斐もなく困ったもんだった。日記帳には…

I'll come back here soon!
by mimicafe2007 | 2007-10-18 23:00

Thinking about our future

c0120817_22124863.jpg

アメリカのピザはなんて巨大なんだろう。
c0120817_22133921.jpg
c0120817_2214247.jpg
c0120817_22143312.jpg

とっても仲のいい兄弟たち。大自然と素敵な家族たちに恵まれた、こどもたち。この子達の未来が楽しみ。
c0120817_22155128.jpg
c0120817_22161693.jpg
彼をみると、なんだか「福山雅治」に見えてくるのは私だけ?
c0120817_22171797.jpg
c0120817_22185294.jpg
c0120817_22193695.jpg

まだかな、まだかな。今夜はおでん!?
c0120817_2220117.jpg
c0120817_22203163.jpg
c0120817_2220526.jpg
ほんとに、MAYAちゃんは美味しそうに食べるんです。
表情がとってもいい。大事な娘さんの写真大公開しちゃった、ごめんなさ〜い。
c0120817_22221649.jpg
c0120817_22222887.jpg
こちら、感激な様子!

ニュージャージーに来て、びっくりしたのが「ホームスクール」という教育方法。子供を家で教えるということなんだけど、日本じゃ、学校行くのがあたりまえ。最近は通信教育学校もでてきましたが、アメリカでは、宗教の問題や、先生の教え方など、子供への影響がさまざまです。そういった疑問もしかり、家族がささえあって子供を成長させていく環境は素晴らしいと思います。ただ、いい面もあれば、そうでない部分もあるかもしれない。家で教えていて、いざ子供が学校へ行きたいといったとき、その子が学校環境になじむのが大変だったりとか、先生の教え方に疑問をもったりとか、いろいろ問題はあるそうです。また、両親も大変だと思います。兄弟がいたら、その子らそれぞれのレベルはあるだろうし、管理は大変かもしれませんが、前半お世話になったジュリアさんの子供達、後半お世話になったひろみさんの子供たち、この子供たちの目に映る景色は表現できないくらいの色彩をもっているように思います。例えば、りんご。色のイメージは赤かもしれない、だけどこの子たちは、とても繊細で柔軟で楽しい発想でりんごを描くと思います。親は子供たちに、何を学ばせたいのか、子供たちにどんな未来を描かせてあげたいのか。何色もの色が自由に描かれるクレヨンとキャンバスを持たせてあげること、おおらかな心は、そういうことから生まれてくるのかもしれない。今回、この旅でいろいろ見つけてきた。その中のひとつに、おおらかで清らかな心が描く未来にふれたような気がします。
c0120817_22384383.jpg

by mimicafe2007 | 2007-10-18 22:39

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko