カテゴリ:FRIENDS( 71 )

ダブルデート

English Here

c0120817_11204688.jpg


今日の昼過ぎ。マイナス8℃。しかも体感温度はマイナス16℃、これってどうよ。
そんな寒い中(痛い中)東京からはるばるニューヨークにやってきたNatsukoさんカップルとダブルデート。そもそも彼女とは、うちのブログで知り合いましたので、これまた初対面。
どうして、こう、うちのブログで知り合う女性はみんなチャーミングなんだろうか。
まさしく「mimicafe7不思議」である。

さて、待ち合わせはアッパーウエストの「Good Enough To Eat」週末はこんでいると思って予約電話したんだけど、とくに予約制度はないという。安易に考えてはいたけど、Natsukoさんカップル、外で列に並んでました(あいや〜、寒い中ごめんね〜)わたしらは地下鉄が動いてなかったりで、一駅分走って現地にいきましたが「ぬぉぉぉぉぉっ、痛い!!!」氷点下以下のニューヨーク、体を動かしてないと駄目っす(笑)こんな感じで。

c0120817_11351195.jpg


c0120817_11354262.jpg


何人も外で待ってる人たち。そして、ようやく中へ。ニューヨークのレストランやカフェの冬場は入り口のドアの前に風よけ入り口をもうけてあって、寒気をシャットアウトしてるのですが、ここはさらにカーテンまで配備。中は、あたたかいのと、雰囲気もあったかいのとで、幸せ気分を味わいました。店員さんもとってもフレンドリー!!!

c0120817_113839100.jpg

Good Enough To Eat
483 Amsterdam Ave (at 83rd Street)
New York, NY 10024
http://www.goodenoughtoeat.com/

c0120817_11401346.jpg


c0120817_11402788.jpg


c0120817_11404288.jpg


c0120817_11405730.jpg


土日はランチメニューはなく、ブレックファーストとブランチスペシャルのみだったけど、美味しかったよ〜。コーヒーはおかわり自由だし♪
NatsukoさんとEdoさんのなれそめとか、彼女は今年の春に念願のNYペーストリー学校の入学が決まり、ちょっと一安心なご様子で、これからの話題とかで盛り上がりました。
しかし、ほんと、チャーミングな女性でした。彼女のオーラを学びたいくらい。

c0120817_11454225.jpg


今日はほんとに楽しかったね。しかし、この寒さはなんとかならんかね。

さて、そのあと彼女らはベーグル刈りに(数十件もまわってた、さらにベーグルを求めて日本に持って帰るらしい)わたしらはクロサワ映画へと別れました。

が…

c0120817_1150247.jpg


すでに遅し。売り切れでした「七人の侍」しかし、3時間ちょいの映画だそうで、次の上映は8時。帰宅は深夜をまわるであろうと、断念。そのまま、ACEホテルのバーへ直行。

c0120817_11514491.jpg


エンパイヤーステイトビルディングがゴジラのように立っていました。

c0120817_11523682.jpg


ニューヨーカーはパーティモード。

c0120817_11533723.jpg


ワインを頼んだら、なんか酔っぱらった(笑)

c0120817_1154418.jpg


今日は、とっても充実した1日でした。ありがとうNatsukoさん、Edoさん、アンドリュー!
by mimicafe2007 | 2010-01-31 11:56 | FRIENDS

English Here

この日は、カナダから語学留学を終えたばかりのaiちゃんと会うことに、お初です。
電話の声で「じゃぁ、ホールフーズの前で待ち合わせね」とかわいらしい声の彼女。初めて会うのは、ちょいと緊張するもんだ。
待つ事、1分、どうも日本人らしきトレンチコートを来た女性が横で誰かをまってる。一瞬、目があったんだけど、頭の中で「この子かなぁ、声をかけるべきかな、でも、もうちょっと待ってみよう」と5秒待ち、「いや、もしこの瞬間がへんに、よそよそしく『あ、どうも〜』っていうのも変な感じだし」ちょっと客観的に時間が止まったようで、隣同士にお互いを待ってる…なんてわらっちゃうよ〜。しかも彼女は、かなり大人っぽいし。(ちょっと自分の身なりを考慮してみた)
と、そのとき、真っ白いダウンを来た蒼井優ちゃんが目の前に現れた!(最初のイメージ)ニコッと横おじぎをして。
いやはや、とってもキュートでカワイイ子じゃないの〜!!!と、挨拶かねがね、寒い現場から退散しようと「おなか空いてる?サンドイッチ食べに行こう!」と、わたしの奥にひそむ「姉御肌(わらっちゃうぜー)」が飛び出した。
足早にベトナムサンドイッチのお店に入りました。もっとお洒落なカフェが良かったかな〜、でも美味しいから良しとしよう!と頭の中では、ドキドキしながら(笑)自然と「お姉さんがごちそうするから、まぁまぁ、はいはい、店に入ろう」ともう、おじさん化してる〜(笑)

c0120817_0423975.jpg


五香粉味のポークと梨と人参などがはいったボリューム満点のベトナムサンドは、がんこにうまかった。
さて、彼女の話を聞いてると、オーガニックや自然食、マクロビに興味を持つようになり検索していたらナチュラルグルメの学校に出くわして、そこからつながって私のところにやってきたそう。数々のいい加減なわたしの家庭料理(親がこれを読んだら、まさしくいい加減だ&太鼓判と思うにちがいない)を見て「わたしも、こんなふうに料理をつくりたい」と(照)
でも、語学力とか、料理のリの字もわからないし、でもでも、この体の中からあふれんばかりの料理に対する興味心は今まで感じた事もないくらいに強烈なんです!!!とのこと。
そして、計算すると彼女と私の年の差17歳!!!バンザイ!であります。
私たちは、おおいに盛り上がり、しかも具がこぼれそうなサンドイッチを手にし、食べるのも忘れるくらい盛り上がってて、いつの間にか手はギラギラ&冷たくなってました。

今回は、ちょっとお話が聞きたくて!と、友達に相談したり「どうしよう、気になる人がいるんだけど」「とうとう、メールを送ったよ!ちょードキドキ」「返事来るかな?」「こなかったらどうしよう」と思っていたようで、なんだか初恋相手にアタックする気持ちに似ているではないか(懐かしい、わたしも若い頃は、こういう気持ちいっぱいしたよ→おばさん化しとる)

なんか、こういう話をしてると、とっても応援したくなってね(がはは)ついつい(ろくに経験も豊富じゃないけど)説教じみた演説とわたしの歴史なんかをを話してた(笑)
これが彼女にどう映るのかはわからないけど、なにか人生に一生懸命になるっていうことはとっても大切だと思います。年齢は関係なしに、失敗、成功も関係なしに、いろんな自分を試していくと、ある日ふと、まっすぐな自分に出会えると思います。
しかし、縁っていうのは面白い。そこから、どんなふうに繋がっていくのか楽しみ。ほんとブログやってて良かったなと思いました。どこかで誰かが、なにか「きっかけ」をつかんで新しいドアを開けたい!と活動力がポンと飛び出してもらえたら…(長いぞ、文章)という願いが叶った気分。

まだ、数日ニューヨークにいるとのことで、またすぐ再会しましょ。

c0120817_153875.jpg

by mimicafe2007 | 2010-01-31 01:07 | FRIENDS

ペアのタオルは初めて

English Here

夜ごはんは、いつものパスタとか飽きてきたし、ちょっと変わったものでも作ろうかなと、ホールフーズでどっさりオーガニックものを購入してきました。しかし、オーガニックは高いね、値段が。今日は$50も注ぎ込んでしまった。
駅までアンドリューが迎えにきてくれて、なんともラッキー、重い荷物を持ってくれました(彼は、こんなに重い荷物があるなんて想像してなかったそうで…最近、覚えた「超マジ!?!」って連発してました。ガハハ)
キッチンでいっしょにご飯の準備。主導権はわたしが握っているので(笑)鶏肉にパン粉を着けて焼くのを手伝ってもらいました(Thanks)
c0120817_1347424.jpg

鶏肉のハーブ風味のパン粉焼きとガーリックライスwithブロッコリーにフルーツと水菜のサラダ。
c0120817_1349957.jpg

パン粉にドライバジルとオレンジゼスト(オレンジの皮をすりおろす)タラゴンを少々、ミックスし、鶏胸肉に塩胡椒して小麦粉でまぶし、卵につけ、パン粉をまぶす。で、オリーブオイルで焼きました。とってもクリスピーで美味しかったです。
ライスは昨日の残りがあったので、オリーブオイルにガーリックを炒めて、ご飯とブロッコリーを炒めました。ご飯はねっとり鍋にくっつくから、できれば白ワインをジャーっとかければ美味なんだけど、なかったので水を足して炒めました。
サラダは、水菜、キウイ、アボカド、トマト、オレンジ、オレンジの果汁、リンゴ酢、塩胡椒。
「このディナーは僕の誕生日にお母さんがよく作ってくれたんだ〜」と言ってました。鶏肉にハムとチーズを挟んだもの(コルドンブルーと呼ぶみたい)とかいろいろバリエーションもあるようです。

さて、食事をスタートしたやいなや、なんと、私たちに小包が届きました。
c0120817_13582613.jpg

小中の同級生きっこちゃん家族からのサプライズプレゼント!!!彼女は唯一、ニューヨークで同級生で、しかも七尾出身のレアな友人。
c0120817_1403512.jpg

なんと、ペアタオルが入っていました!!!私たちにとって「ペア」なものってお初です!!!アンドリューは「まっじ〜!!!」と、こんな顔で驚いてました、まさにホームアローンのカルキン君のよう。
c0120817_142877.jpg
そして、「結婚、家族ってすばらしい!」大先輩からあたたかなメッセージもいただき、わたしたち、とってもハッピーなひとときを味わいました。ほんとうにありがとう!!!また、落ち着いたらきっこちゃんの家族写真撮りにいくね!!!
c0120817_146541.jpg

by mimicafe2007 | 2010-01-19 14:07 | FRIENDS

English Here

c0120817_642405.jpg

ニューヨークウエディングを語ったら、この人の右にでるものはいないってほどのウエディングプランナーTakaさんご夫妻。ティファニーケーキのオーダーをいただき、今日は職場まで息子ちゃんと3人で来てくれました。
Takaさんは敏腕のフォトグラファーで、たくさんの素晴らしいウエディングフォトの名人です。奥様もとっても素敵な、ほんわりした方です。イメージ的にマシュマロ、ほわほわな毛糸、とってもかわいらしくて、しっかりしたビジネスプランナー。
最近では、おもしろいプランを提案しているそうで、なんでも「KONKATSU」婚活プロジェクトを自ら発足。しかも、日本人男女問わず外国人の参加もありだとか。ワールドワイドでハッピーカップルを増やそう!的な親善大使。
こちら、Takaさん夫妻の会社のホームページです。
CREA CREATIONS
http://creawedding.com/
Takaさんのブログでは、ファッションショーやいろんな企画、ウエディングフォトなど満載で、もちろん彼の子供ちゃんのかわいい姿もおがめます。
http://www.taka-photo.blogspot.com/
2008年の夏だったかな、mixiがきっかけで知り合って、そのときは「なにかいいビジネスストーリーが築ければいいね〜」って話してました。乞うご期待だね、TakaさんYukiさん。これからもよろしく〜。
c0120817_6425835.jpg

by mimicafe2007 | 2010-01-18 06:44 | FRIENDS

Roomba使用報告

English Here

え〜、しばらく日本滞在し、つい先週末に帰ってきましたが、バタバタしておりまして、ブログの更新もスロウでございますが、またどうぞ、ごゆるりと遊びにいらしてくださいませ〜。

さて、
友人から「Roomba」を使った感想が届きました。センサーで反応する自動掃除機。最初はフロアを徘徊し、何があって、どこがどうでというのをセンサーで感じ取るらしいです。それから、掃除開始。ゆっくりではあるけれど、くまなく隅々を掃除してくれるとのこと。ソファやベッドの下など、ふだんの掃除機では時間と体力を使うけれど、こいつは相当たいしたものらしい。
で、掃除中に例えばイスを動かしたり、最初の徘徊時で読み取ったデーターと違う位置を感じとったルンバは、ひとたび迷うそうな。
友人から話を聞いてると、なんだか面白そうね、この掃除機。日本の狭い部屋やしきりのあるところは、すこし不便かもしれないけど、案外、今時の家?フローリングや、しきりがなくフラットになった床設備にはいいかもね。あと、カーペットの段差なんかも大丈夫らしい。
日本だと7万円ほどするらしいけど、ロボットが掃除する時代がやってきてるみたいですね。
しかし、なんでアメリカの掃除機は重いんでしょう!!!
c0120817_1424289.jpg

(写真は、空輸で運んだルンバが到着したところ)
こちらは、友人のメールをコピーいたしました。さ、みなさんもルンバを試してみませんか?

順番としては。。。
最初に部屋を徘徊して、掃除ルートを確認。
その後に、掃除を開始。2往復くらいしてくれる。

時間は結構掛かります。
でも急いでチャカチャカ適当な掃除をするくらいなら、丁寧に2往復してくれるルンバの方が
間違いなくお部屋はキレイになります。

そして当然、障害物が多い部屋は時間がかかってます。
椅子の足で足止め、とかコードで足止め、とか。
一度ルートを確認してるので、その後掃除をしている時にに椅子を引いたとかいうルートの変化が
あると、かなり迷ってます(笑)
なので、なるべくスイスイ徘徊できるようにしてからお掃除を開始した方が、結果時間は短縮されます。

なので、外出してる時やお風呂に入っている時に掃除しておいてー、くらいが一番いいかもね。

音は、ふつーの掃除機と同じくらいかな。
ルンバだから静か、というのはなかったよ。

でも、それでも、ルンバがあるとないとでは大違い!!
ベッドの下もスイスイ掃除してくれます。
あぁ、健気なルンバちゃんです。

東京のマンションは狭小マンションだから寝室で活躍してもらってますが
(ご存じのとおり、リビングは狭く障害物も多いのでルンバに活躍してもらうまでもない・・・;)
by mimicafe2007 | 2009-08-24 14:04 | FRIENDS

Roomba

English Here

友人からのリクエスト「ルンバ」というオートマティック掃除機を買ってきて〜♡…丸い円盤で、センサーから部屋の隅々、勝手に掃除してくれルンバ。(なんかすごい日本語や)

彼女とのメールのやり取りで、「お易い御用!スーツケースに入ればラクチンさ!」などと安易に考えていて、いざ家電量販店へ。
「お!あったあった」と、見た目の箱は大きいのは仕方ないが、手にしてみると
「お、重いじゃないか…」
アンドリューさんも一緒で、「以前、スーツケースを運ぶのを手伝ったけど、かなりヘビィだったしこれも一緒となると、無理だと思うよ」
わたしも少し、不安に思い、もう一回彼女と話し合ってみよう、ということに。

一応、アメリカのクロネコ宅急便などに問い合わせしたところ、送料は1万円ほど。家電量販品店からエクスプレスでの発送は1万5千円くらい。現物の日本販売価格は7万なんぼという価格(うわぁ〜)そう考えると、約$300+タックスに送料とくれば、まあまあいいところだろう。
彼女がぴょんぴょん飛びはねて、娘といっしょに喜んでいる姿が想像できる。
彼女に連絡すると、「まあいいかぁ、でもいつでもいいし船便で送って〜」とのこと。彼女からの了解をいただき、再び量販店へ。もう一回手に持ってみる。

あれ???なんか軽いんですけど。

いやいや、まったく以前と同じで、なにかが抜かれたわけでもなく、わたしの調子が以前は悪かったんでしょうか、今は元気なのか、「あれ、これならいけるかも」な〜んて思ってしまって…

c0120817_9462853.jpg

じゃじゃじゃーん、購入。
ま、大変なのは階段の上り下りであって、空港行けば、それでオッケー。
で、それから、これを成田から彼女のうちに配送となると、裸じゃよくないやろうと。
でも、よさげな大きい包装紙もなにもない。
工作好きな私は、紙の袋を用意して…

c0120817_9505558.jpg

しかも、カッターもなく、ナイフも切れ味悪く、唯一あったのは「まゆ毛カットのはさみ」(笑)

c0120817_952764.jpg

これぞ「エコラッッピング」

c0120817_9525612.jpg

手提げ紙袋の横をカットし、裏返します。それを二つ合体させて、幅広の紙袋を作りました。

c0120817_9542881.jpg

頑丈にテープを貼付けて、これでオッケー。

家電量販店から地下鉄で移動しようとしたとき、結構、みなさんジロジロ見てましたね。なにせむき出しでしたから。
で、ある男性がすれ違い様、「これ、めっちゃはまるでぇ〜(英語で言ってました)」
なんだかうれしくなっちゃったね。

で、さっそくうちの家族に話したら、うちにも買ってきて〜って、ほんまかいな。

というわけで、数日後お楽しみに〜!!!
by mimicafe2007 | 2009-08-13 09:57 | FRIENDS

すこやかBABY

English Here

ダウンタウンに用事があって、目的地を検索してたら、ずばり同級生の住んでいる家の近くだったので、突撃訪問。彼女は愛娘ちゃんのケア真っ最中、おかあちゃん奮闘記でした。
まだ、うまれたばかりのときに一度訪問したけど、ほんの半年でこんなに大きくなるなんて。赤ちゃんって不思議。むっちむちの腕がかわいかったです。で、しっかり写真を撮りまくりました。
c0120817_331521.jpg

c0120817_3394338.jpg

c0120817_3343585.jpg

c0120817_3361020.jpg

ふたりの2ショットもいい感じ♪(雑談:こういう写真の仕事でも始めようかしら(笑)ご希望の方ご連絡くださーい(わはは、冗談冗談))
あとからアンドリューさんも合流して記念撮影。彼女の素晴らしい英会話力に見とれてしまったよ!
c0120817_3412275.jpg

娘ちゃんは人見知りが激しいそうで、わたしが来たときは、わんわん怖がっていたんだけど、次第に満面の笑顔を出してくれて、ハッピーでした。アンドリューさんが来たら、泣くかな〜?ってちょっと不安だったけど、まったく泣かず、彼は「男の子は好きですか〜?」と娘ちゃんに話しかけてました(わはは)
突撃訪問だったけど、彼女からいっぱいパワーをもらった感じ。ありがとね〜。おかあさまにもよろしく!!!
by mimicafe2007 | 2009-08-06 03:44 | FRIENDS

English Here

金沢の姉さん系友人のひさこさんが、彼女の大好きな屋久島での「皆既日食」見たという。写真をみたところ、それはもう、神秘的で、うちのブログでもシェアさせていただきました。(何か日本語へん?)

c0120817_22472139.jpg

ニュースでも聞いた通り、天候は良くなかったらしいけど、ひさこさんと旦那さんは屋久島で、ちゃーんと観れたそうです。偶然か必然か、天からの贈り物に感動だったよう。ダイヤモンドリングはとても美しかったとか。
c0120817_22492382.jpg

c0120817_22494048.jpg

c0120817_22495825.jpg

遠い記憶、小さい頃、黒いシートを通して太陽を見た記憶がよみがえってきましたが、次回観れるのは数十年先だとか。屋久島で観るのも、神秘的ですね〜。
by mimicafe2007 | 2009-08-05 22:53 | FRIENDS

あいのうた

類友まきこさんからメールが届いた。
みんなで、「あい」についてシェアしよう♪

〜まき子さんのメールより〜
私が最も愛する詩人、高村光太郎の「智恵子抄」より
ちなみに最も愛する画家は光太郎の妻、智恵子抄の高村智恵子です。

  人類の泉

世界がわかわかしい緑になつて
青い雨がまた降つて来ます
この雨の音が
むらがり起る生物のいのちのあらわれとなつて
いつも私を堪(たま)らなくおびやかすのです
そして私のいきり立つ魂は
私を乗り超え私を脱(のが)れて
づんづんと私を作つてゆくのです
いま死んで いま生れるのです
二時が三時になり
青葉のさきから又も若葉の萌(も)え出すやうに
今日もこの魂の加速度を
自分ながら胸一ぱいに感じてゐました
そして極度の静寂をたもつて
ぢつと坐つてゐました
自然と涙が流れ
抱きしめる様にあなたを思ひつめてゐました
あなたは本当に私の半身です
あなたが一番たしかに私の信を握り
あなたこそ私の肉身の痛烈を奥底から分つのです
私にはあなたがある
あなたがある
私はかなり惨酷に人間の孤独を味つて来たのです
おそろしい自棄(やけ)の境にまで飛び込んだのをあなたは知つて居ます
私の生(いのち)を根から見てくれるのは
私を全部に解してくれるのは
ただあなたです
私は自分のゆく道の開路者(ピオニエエ)です
私の正しさは草木の正しさです
ああ あなたは其(それ)を生きた眼で見てくれるのです
もとよりあなたはあなたのいのちを持つてゐます
あなたは海水の流動する力をもつてゐます
あなたが私にある事は
微笑が私にある事です
あなたによつて私の生(いのち)は複雑になり 豊富になります
そして孤独を知りつつ 孤独を感じないのです
私は今生きてゐる社会で
もう万人の通る通路から数歩自分の道に踏み込みました
もう共に手を取る友達はありません
ただ互に或る部分を了解し合ふ友達があるのみです
私はこの孤独を悲しまなくなりました
此(これ)は自然であり 又必然であるのですから
そしてこの孤独に満足さへしようとするのです
けれども
私にあなたが無いとしたら——
ああ それは想像も出来ません
想像するのも愚かです
私にはあなたがある
あなたがある
そしてあなたの内には大きな愛の世界があります
私は人から離れて孤独になりながら
あなたを通じて再び人類の生きた気息(きそく)に接します
ヒユウマニテイの中に活躍します
すべてから脱却して
ただあなたに向ふのです
深いとほい人類の泉に肌をひたすのです
あなたは私の為めに生れたのだ
私にはあなたがある
あなたがある あなたがある

c0120817_1442281.jpg
写真は、先日撮ったもの。なんだか神秘的で。
by mimicafe2007 | 2009-08-02 01:45 | FRIENDS

Ellen's Birthday Party

うちのオーナー、エレンの誕生日。パートナーのベスの仕組んだ秘密のバースデーパーティ企画に、本人のバースデーケーキを本人に作らせるという…。しかも、パンティーの形のケーキを(笑)

c0120817_23383581.jpg
これは参考例。

c0120817_23393831.jpg
その秘密のパーティは本人には知らされず、数人でディナーに誘い、その合間に30人以上の友人らを集めるという企画。参加者のわたしは、わざと、「今夜はディナーでも行くの?」なんて会話したり(笑)このコスモスは前振りというか、わたしとテンちゃんからの誕生日プレゼント。プレゼントなしだと怪しまれそうでしょ。


そして、「エレン、こんなパンティーのケーキは日本人みんな見たことないし、ぜひ、わたしの友人らに見せたいからドキュメンタリーみたいに写真撮っていい?」彼女は「オフコース!!!(もちろんよ)」まんまとワナにはまってる〜(笑)これらの写真を彼女にプレゼントする予定で!
c0120817_23441658.jpg

ケーキをパンティーの形にカットします。ココナッツケーキとライムカートのフィリング(ライム味のクリーム)。この組み合わせは私もお気に入り。
c0120817_2348278.jpg

それからバタークリームでコーティング。
c0120817_23484465.jpg

真っ赤な色のフォンダンをのばします。
c0120817_23493182.jpg

フォンダンをケーキにかぶせて、フィットさせます。
c0120817_23501218.jpg

余分なフォンダンを切り落とします。
c0120817_2351387.jpg

黒色のフォンダンを細く伸ばし、レースを作り飾ります。
c0120817_2352116.jpg


c0120817_23531483.jpg


c0120817_2354574.jpg

ゴールドでペイント。仕上げに入ります。
c0120817_23552829.jpg

写真を撮る本人。友人アリーもやってきて、内心ちょっと楽しげに(パーティ事情を知っている)しています。
c0120817_23565174.jpg


c0120817_23572396.jpg

エレンは友人らとディナーに行くため、早めに仕事を切り上げ帰って行きました。
そのあと、ベスが例のケーキを現場に持って行くのですが、ドッキリみたいにウインクした写真を撮らせていただきました〜(笑)
c0120817_23591741.jpg


さて、エレンの家に着くと、たくさんの人が集まっていて、携帯で互いに連絡しあい「今、玄関の前」「階段をあがってるわ」「あと1分!」ってな感じで、本人が屋上に到着!!!まったく本人気がついてなかったみたい!!!

c0120817_23595837.jpg

屋上からはマンハッタンの夜景がちょこっと見れます。ほかのビルでも屋上パーティしてる人達がいました。
c0120817_075748.jpg


c0120817_091840.jpg


c0120817_094991.jpg

センスがいいね〜、盛りつけ方が!この方々の好みは紙コップとか好きじゃないようで、だいたいが陶器のお皿を使ってました。グラスは間に合わなかったのでプラスティックカップだったけど(ケーキ用の皿も)なんか、雰囲気作りに徹底してるね。
c0120817_012479.jpg
わたしとアリーとエレン。同じ年齢…。

c0120817_013494.jpg

さて、隠しておいたケーキの出動です。

c0120817_014406.jpg


c0120817_015139.jpg

ベスと私とでケーキを屋上に運んで行くと、エレンが「あれ、これ私が作ったケーキなんだけど」とまんまとワナに引っかかったのがばれて、みんな大爆笑でした!!!

c0120817_016351.jpg


Happy Birthday Ellen!!!
c0120817_01709.jpg



c0120817_018248.jpg

c0120817_0182449.jpg

「まじめに作ったわたしは何だったの〜」と笑うエレンと仕掛人のベス。
c0120817_0185727.jpg

ミニカップケーキも登場。
c0120817_0201256.jpg


c0120817_0223255.jpg

おつぎはサプライズのロージーケーキ。
c0120817_0231999.jpg

「エレン、愛犬ロージーがいなくて寂しい?(ロージーは別の友人が預かっているとのこと)」
「彼女は、友人がちゃんと面倒見てるのよ!」と言った瞬間、ケーキを差し出すと!
「Oh, My God!!!!!」
c0120817_0251341.jpg

みんなに見せるエレン。ああ、ウケてよかった〜(ほっ)
c0120817_0261471.jpg

みんな楽しそうだし、たくさんのあたたかい仲間がいっぱいのエレンがうらやましい!
c0120817_027173.jpg

ナチュラルグルメ(料理学校)のシェフバーバラと。彼女がわたしに職場を紹介してくれたキューピッド。そしてトライアスロンが趣味なタフな女性です。
c0120817_0275148.jpg

エレンとベス、尊敬する2人。
c0120817_0295668.jpg

Happy Birthday!!!
by mimicafe2007 | 2009-07-20 22:54 | FRIENDS

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30