カテゴリ:How Sweet It Is ( 118 )

English Here

今週の超大作!!!かなり細かい作業でしたが、なんとも手先の器用さをアピールしたくて頑張りました(笑)(ネイティブの中で一番取り柄のない自分なので)が、腰がつらい〜、座り作業ですので…。

c0120817_11573322.jpg
フォンダン(シュガーペースト)を薄くのばし、ちょうどいいサイズの丸い形にくりぬきます。(生クリームの絞り金具の先を利用しました)

c0120817_11593832.jpg
今回のケーキはアニバーサリーのケーキで、ファブリック模様と指定された色でデザインしなければなりません。この写真の◎の布、これを気持ち小さくして、まるまる同じのを作りました。ひとさし指の爪の大きさです。

c0120817_1221536.jpg
同じような色合いを作り出し、テカリのつや出しの色を仕上げに塗って、ケーキの土台に仮に乗せて、そのあとシュガーでできた糊でくっつけます。均等にバランス良く美しく並べるのも大変だけど、色の配合が難しい!!!

c0120817_1244679.jpg
座り作業は工芸職人。

c0120817_1252923.jpg
 バランスをよく見て…美しく、布と同じように。この今、つくっているのは中身は発泡スチロールです。たまに3段4段重ねでトップだけ生ケーキじゃないパターン、ずっと記念に残せるからみたいです。

c0120817_1275341.jpg
トップと両サイドに半円を。

c0120817_1285184.jpg
これは一番下の土台となる部分。焦げ茶の部分は型でくりぬいてベージュの生地にくっつけてあります。これもまたバランス第一。座り作業。

c0120817_12101642.jpg
これは真ん中の部分。カーテンのような生地。中身はベルベットケーキにクリーム。前の写真はデビルケーキ(チョコレート)にチョコムースクリーム。

c0120817_12114450.jpg
で、こんな感じになります。明日、最終に仕上げて配達です。しかもスゴく重たいんですよ。やれやれ、今日は朝の9時から夜の8時で終了。腰がヒーって叫んでます。でも、奇抜なケーキだけあって楽しいです。

ちなみにこれも4段重ねのケーキです(上にのっているのはジェリービーンズ→ドクターペッパーの味がします)

c0120817_1214434.jpg

by mimicafe2007 | 2008-09-19 12:15 | How Sweet It Is

English Here

c0120817_13284056.jpg
週末はウエディングケーキのデリバリー。前半は生花を持参。さて、どんなケーキなんでしょうか…。

c0120817_13303713.jpg
場所はブルックリンブリッジの近く。ここに到着すると、何組かのウエディング団体を見かけました。もちろん、美しい花嫁さんも。9月に入りシーズン到来。

c0120817_13423518.jpg
会場に入るとレンガ作りの壁がNYらしさを歌っていました。ただ今、準備で大忙し。会場にはインテリアコーディネーターや料理担当のケータリングチーム、それから本格的なライブ演奏のステージを作っている人達、そして私たちはウエディングケーキ担当。

c0120817_13451690.jpg
これが完成図。上から見た図です。豪華に見える?

c0120817_1346142.jpg
実はこれ、カップケーキなんですよ!

c0120817_13463968.jpg
カップケーキタワー。こういう演出も数年前から人気らしいです。バラや白あじさいをあしらって豪華に!

c0120817_13475730.jpg
ケータリングの方達はこういう感じで料理を準備します。

c0120817_13485597.jpg
外に出ると、パーティのゲスト達がオシャレして待っていました。花嫁さんも写真撮影に大忙し。ちょっとおどろきのウエディング!

さて、ブルックリンからマンハッタンへ戻ります。
c0120817_13552065.jpg
空模様が気になります。雨があたらなければいいのにな。

c0120817_13561767.jpg
今度は、こんな感じのベーシックなケーキです。表面はフリーハンド!すごい!

c0120817_1357144.jpg
主役のお父様の誕生日と重なって、サプライズなバースデーケーキは花嫁さんから。

c0120817_1358239.jpg
後半のデリバリー先はセントラルパーク内にある有名なレストラン「ボートハウス」

c0120817_13593511.jpg
シェフのエレンとベスが最後の仕上げを始めました。

c0120817_1402956.jpg
緑に囲まれた穏やかな雰囲気の会場。

c0120817_141795.jpg


c0120817_1413641.jpg
こちらも花をあしらった上品なウエディングケーキ。

c0120817_1422045.jpg
このあと、続々とゲストがやってきました。みなさん、ゴージャスなドレスで式を楽しみにしているようでした。
by mimicafe2007 | 2008-09-15 14:04 | How Sweet It Is

自己練習:スヌーピー

English Here

短足なスヌーピーになってしまいました…。シンプルなものってすごく難しい…。

c0120817_640275.jpg


c0120817_640581.jpg


c0120817_6412770.jpg


c0120817_6415750.jpg
ラブレターを届けるイルカ…というよりマグロかしら?
c0120817_6424546.jpg

by mimicafe2007 | 2008-09-13 06:43 | How Sweet It Is

English Here

今日は靴の形の(ハイヒール)クッキーの最終ペイント。ひたすらひたすら工芸職人でした(たぶん加賀友禅の色塗り仕事もできそうよ!)

c0120817_173651.jpg
塗っては乾かし、また別のパーツを塗っては乾かし…と230個?くらいを繰り返してました。

c0120817_185622.jpg
アイシングをつけて靴のデコレーション。

さて、その間、デリバリー(宅配)をたのまれて、タクシーにのってタイムズスクエア近辺へ。一口サイズのタルトが4箱分。スタッフから「サチコ、頼むわね、でも注意して!とってもデリケートだし、タクシーは突然揺れたりするから膝に乗せるより、ずっと持ち上げてた方がいいわ」と。軽々と「そうね、帰ってきたら腕がシェイプアップされてるかもしれないね!」と答えた私。で、いざ、タクシーに乗ると、止まってる時はいいんだけど、揺れる時は緊張。でもだんだん腕が痛くなってきて、でももう少し!とばかりに我慢。行き先はファッションで有名な「DKNY」ダナキャランのオフィスへ。大きなビルの裏口から入ったので今ひとつ、どんな状況かわからなかったけど、各階ショップのようになってて、そうも各階にぎやかそう。私は屋上に近いペントハウスまでペーストリーを運びましたが、そこは(そんなに広くないけど)華やかなパーティ会場。ケータリングのシェフやバーテンダー、フラワーコーディネーターが準備に取りかかってました。NYはファッションウィーク。しかし、一般の人達はコネがないとそういったパーティには出席できないようで、セレブレティの世界。そういう会場を見れただけでもラッキー???
そのあと、外に出て地下鉄で帰路にたったわけですが、ここのビルの真ん前にはニューヨークタイムズの本社ビルがドドーンと建っています。

c0120817_1195113.jpg
写真ボケてますが、でっかいです、このビル。ちょっと前にオープンしたばかりのおニュー。しかも、びっくりしたのは(オープンしていると聞いてはいましたが…)

c0120817_1211447.jpg
ニューヨークタイムズの玄関よりも数倍デカイ「無印良品店」でっかー!!!
SOHOエリアやMoMAミュージアムの中にも支店はありますが、ここのは巨大。しかも、マンハッタンの中心地ですからね。すごい資本があるんでしょうね。値段は日本に比べると若干高め。

さてさて、職場に戻る。クッキー作りの続きです。ちょうどショップのほうで仕事を終えたメリッサが手伝ってくれてました。

c0120817_1245083.jpg
こんな感じです。メリッサは大の日本カルチャー大好き少女。好きな音楽はヘビーメタルで漫画が大好き、日本のコスプレやゴスロリスタイルに興味をもっているという。話に盛上がって、しまいにゃ私が小学校のときに開発した、「アイスクリームに熱々のフライドポテトを付けて食べる」という話をしたとき「あ〜、あたしもやったことある、美味しいよね!!!」とヘンなところで意気投合(笑)しかし、わたしはチョコレートのアイスクリームでソフトではないやつ、ポテトはマックのような細身でなく太めの塩が効いたもの!とコダワリあり。まあ、そんな話はどうでもいい、彼女に「年いくつ?」と聞かれ素直に答えたら目を丸くしてた(笑)16歳も離れてるんだもの(笑)とまあ、にぎやかな会話の最後にはクッキーも仕上がりました。腰とデリバリーで使った腕がキシキシと音をたててます(歳だなぁ)

c0120817_1324533.jpg


夜はアンドリューが近くまで来てたので、中華料理といってもカンジー(お粥)専門店へ。

c0120817_1335581.jpg
中国人ばっかり。肩身が狭い(笑)

c0120817_1343634.jpg
Congee カンジーとは薬膳粥のこと。鶏肉や魚など入っていてバリエーション豊富。日本にだって「お粥」という伝統家庭料理があるんだい!なんて自慢になりませんか(はっはっは)

c0120817_137384.jpg
これ、肉まん。味は今ひとつ(笑)どうもアンドリューは餡饅を頼みたかったらしい。最後はサービスでスイカが出てきた。なんだか楽しい店でしたよ。

粥之家 100 Allen street New York, NY 10002
by mimicafe2007 | 2008-09-13 01:39 | How Sweet It Is

自己練習:ビバンダム君

English Here

きゃおりんから「ビバンダム君」という名前を聞いて、検索。なるほどミシュランのキャラクターだったのね。ってことで、作ってみましたが、不完全燃焼な体になってしまいました(涙)


c0120817_0574898.jpg



c0120817_0583126.jpg

なんかへん。エプロンのデザインに妥協してしまったから。

c0120817_0592032.jpg

笑える後ろ姿。

c0120817_0595313.jpg

手にはこだわります。
by mimicafe2007 | 2008-09-09 01:00 | How Sweet It Is

English Here

今日は、少しだけお手本をおそわって、そのあとは全部デコレーションすることになってしまった。まだまだ初心者なのに、大それた仕事をまかされてしまった…。


c0120817_3561057.jpg
ウエディングケーキである。

c0120817_3565845.jpg



c0120817_3572546.jpg
すっごく重いんですが…。難しかった…。もう一回、描き直したいよ〜(シェフは、ビューティフルって言ってくれてたけど)
by mimicafe2007 | 2008-09-08 03:59 | How Sweet It Is

English Here

自分でも、なんでこんな題材つくっとれんろ〜(おもいきり方言)と笑ってしまいます。グラビアアイドル作ってしまった(ははははは)

c0120817_7562575.jpg



c0120817_757170.jpg



c0120817_803144.jpg


ほっぺたをくっつけたら、日本昔話っぽくなっちゃいました。
by mimicafe2007 | 2008-09-06 08:01 | How Sweet It Is

English Here

本腰いれて、我が道へまっしぐら(笑)って「我が道って何?」
ケーキデコレーターおよびペーストリーデザイナー♪
今日はフォンダンを使って「マシュマロマン」作ってみました。イメージ通りには、ちょっと難しい?顔が、顔が、間抜けな感じ…。

c0120817_6185272.jpg

顔作りは難しいですね、やわらかいし、だんだん横長になってくし…。

c0120817_62026.jpg

こりゃ、雪だるまだな。

c0120817_6204449.jpg

後ろ姿はかわいい?

c0120817_6254753.jpg



c0120817_6263155.jpg

テーマは「オペラを歌うマシュマロマン」
by mimicafe2007 | 2008-09-06 06:24 | How Sweet It Is

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30