English Here
今週はヘビーだった。食べ過ぎ注意報発令中である。今日は、野菜などマリネ(味付けしたものを漬け込む)して、グリル(網焼きとか)しました。
c0120817_2131557.jpg
フレッシュハーブのマリネ。
c0120817_21323447.jpg
c0120817_2132544.jpg
果物グリルは初めて見ます。
c0120817_2133278.jpg
こういう人も初めて見ます(笑)
c0120817_21341067.jpg
いろんな素材で焼いたらどうなるかっていうことも勉強です。
c0120817_2134561.jpg
c0120817_21351930.jpg
焼いて食べるのは楽しいけど、方付けは大変でした。
c0120817_21361921.jpg
そして、金曜の授業は昼過ぎで終わり、学校側から突然のヘルパー要請。必需品のため、家に帰る。
c0120817_2138333.jpg
うちに帰ると、リコが今夜イタリアに帰るための準備をしてました。黒色のズボンが必要だったので彼から借りましたが「これ、高級だから…、うん十万円するからね!」と釘を刺され(笑)速攻、学校へ。学校の授業の最後にFriday Night Dinnerというイベントを創作しなければなりません。各クラスから何人かがヘルプに入らねばならなくて、これも単位に含まれます。今日はサービス、フロアの役割。白いシャツとズボンが必要だったわけです。今日は卒業式もかねたディナー。一般の方もやってきます。飲み物を伺って料理を運んだり下げたり。
c0120817_21451527.jpg
c0120817_21454295.jpg
c0120817_214676.jpg
c0120817_21463262.jpg
宴も終わり、めでたく終了。みんなで Let's Eating!
c0120817_21475364.jpg
残りもののビールをもらって乾杯。ベスとローリーと私。疲れきってます。キッチンは2日間立て続けに参加しなくてはならず、ハードです。みんなクタクタ。しかしながら、いわゆるレストランを再現したものですが、サービス精神というか、スタッフの方付けの荒っぽさが気になって気になって仕方なかった。皿を下げるのもガチャガチャ、フォークやスプーンも。お客様の前でのマナーは、いくらアメリカといえども考えものだと思うんだけど…。
c0120817_21534196.jpg
マンハッタンは夜の10時。日中シャッターが降りてるクラブやバーがにぎやかに。クラブの前ではたくさんの人たちが集まってました。
c0120817_2155336.jpg
さっさとうちに帰ります。明日も、学校へ。リチャード先生と行くベジタリアンランチ!というアクティビティに参加。
by mimicafe2007 | 2008-04-05 21:56 | SCHOOL

English Here
c0120817_2049425.jpg
学校を終えて、もうひとふんばり。ブルックリンにやってきました。ここはユニオンストリート駅。学校の授業の一環で、数時間のキッチンヘルパーをクリアすることが含まれています。単位に入るんですが、クラスメート以外の人たちとの交流もあり、私としては緊張感が復活。通常、学校内のパブリック公共料理教室の手伝いがほとんどですが、今回は校外、とあるスーパーマーケットの公共料理教室へ。
少し時間があったのでこのあたりを散策しました。
c0120817_20535715.jpg
c0120817_20594065.jpg
c0120817_210120.jpg
c0120817_2102330.jpg
c0120817_2105423.jpg
c0120817_2112018.jpg
c0120817_2114279.jpg
c0120817_212464.jpg
c0120817_2122841.jpg
c0120817_213584.jpg
c0120817_2132740.jpg
c0120817_2135076.jpg
c0120817_2142515.jpg
c0120817_2144789.jpg
興味のアンテナがピピッと働いた。最後に訪れたグロッサリーは良かったです。カップケーキ(またまた)を一つ買って食べたら、今までで一番おいしく感じたし、狭いお店なんだけど発掘のしがいがある、そんなお店でした。また次回報告を。そう、今日行ったスーパーマーケットはここ、
c0120817_2175955.jpg
c0120817_2182048.jpg
パークスローブ フードコープ。いわゆる生協みたいなマーケットで、面白い構成になっていました。スーパー内はたくさんの人で混雑。しかも、私は買うことができませんでした。なぜならメンバーでないから。そう、メンバーになると買い物や各種イベントに参加も可能、しかも安くて新鮮なものがたくさん。しかし、入会には入会説明会に参加して、入会後は1ヶ月に1日数時間の館内ボランティアをすることになります。そう、ここのスタッフはほとんどボランティアで運営している地域コミュニティー。地球環境やリサイクルなどもおおいにやってるし、この地域のオーラが独特に感じました。ちょっと興味津々な私。店内を少し案内してもらったけど、一般のマーケットと断然、雰囲気が違う。アメリカらしいというか、古くて懐かしい、文化があってあたたかい。
c0120817_21153591.jpg
ここは料理教室のキッチンサイド。写真はとれなかったけど、ピーター先生、スーザン先生、アニー先生と数人のヘルパーで一般の料理教室スタート。50人くらいいましたね。あらよあらよと時間は過ぎ、あっという間に終わりました。ヘルシーなメニューで、ピーター先生のリゾットは格別においしかった!彼の料理本も発売してました。
夜の9時をまわり、帰路へ。
c0120817_21195848.jpg
ブルックリンからいったん、マンハッタンへ、そしてクイーンズと帰るのに1時間かかりました。ちょっとくたくた。
c0120817_21212131.jpg

by mimicafe2007 | 2008-04-05 21:22 | STREET VIEW

English Here
c0120817_13471246.jpg
しばし苦手な魚介類。食わず嫌いは卒業したけど生の牡蠣はちょっと駄目です。日本は魚が美味しい国だけど、海外も負けずに美味しいもの、個性的なものが豊富。ニューヨークは世界の台所と言っていいでしょうね、なんでもあります。
c0120817_1350047.jpg
マッソォーおよびマッスル。ムール貝のワイン蒸し。
c0120817_13512647.jpg
お次ぎは、暴れん坊のロブスター。
c0120817_13524915.jpg
熱湯地獄…みんなからは溜め息の嵐、哀れみか喜びか…。
c0120817_1354977.jpg
そして、ついに…
c0120817_13545795.jpg
登場!!!
c0120817_13554135.jpg
c0120817_13561015.jpg
えいやっ!!!
c0120817_13564440.jpg
このように分解されてしまいました。
c0120817_13573777.jpg
このあと、イタリア流、魚介のトマト煮込み「カラマリ」を各自作り、のち自由練習。なかなか、日本でイタリア料理は作らないから、もともと本家の味の知識って薄いです。ハーブやいろんな調味料の使い方、量も勉強になってます。やはり実際、名前を知ってても使い方を知らなかったら何にも得られませんからね。
c0120817_1412561.jpg
グリルサンドイッチをつくりましたが、味わいを考えるのって難しい。まだまだコツはつかめてない!
by mimicafe2007 | 2008-04-05 20:41 | SCHOOL

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko