映画/Men On The Wire

English Here

映画に行ってきました。
c0120817_14174017.jpg
観客は私を含めて4人!!!ここの映画館は何故か、故郷のオリオンという名の映画館を思い出させます。
さて、今日は「ワイヤーの上の男」という題材のドキュメンタリー映画を観ました。フランス映画のような感じで、最後はサティのジムノペティが流れてきて、ふと心地よさを覚える感覚です。
どんな映画かというと、

1974年、一人の男がワイヤーを引っ掛けてビルからビルへと綱渡り。そしてそれが当時、世界一高いビルとして有名だったニューヨークの「ワールドトレードセンター」ツインタワー、南側のビルから北側のビルへ…。

私が生まれて間もないころ、地球の反対側では驚きのアドベンチャーが繰り広げられていたなんて、まったくビックリです。
この映画に関しては賛否両論かもしれませんが、ひとつ、何かに取り付かれたかのように夢中で自分のやりたいことに挑戦していく男の物語として私はとらえました。逆にいうと、テロや危険な事件に関してセキュリティ問題があげられますが、そこに焦点を置くと隙はどこにでもあり…となってしまいます。

彼はフランス人で、ワイヤーでの綱渡りをこよなく愛し、つねに練習やトレーニングを重ね、それだけでは物足りなく、あらゆる場所で綱渡りを挑戦したいと、パリのノートルダム寺院やオーストラリアの橋の上など、パッと現れ、ワイヤーの上を綱渡り。もちろん、観衆がにぎわい、パトカーも多々。綱渡り後はあっけなく逮捕の繰り返し。そりゃ、びっくりするわ、あぶないわ…。でも、彼は常に上へ上へと挑戦意欲がわき、ついには友人を交えて、目標をニューヨークのツインタワーへ。
彼らは、何度もフランスから渡米を繰り返し、うまいこと乗り込んで屋上へ。研究に研究をかさねながら、ついに実行の日がやってきて…。

彼は綱渡りに成功して、あっけなく逮捕。だけれどもそれは伝説を残し、美しいアートのようにも讃えられました。ただ、無心に、少年の心で挑戦した彼らにとっては、唯一無二の素晴らしい記憶、そしてその中にはたくさんのドラマがあり…。

実際にその綱渡りをした張本人がインタビューに答えつつ、またその友人や関係者が登場します。回想シーンと実際撮影された写真をもとにした映画です。

テロのあった9.11の追悼式が先日行われましたが、実際のツインタワーは知らない私にとって、この映画はツインタワーが全盛だったころ、いかに素晴らしい世界一のビルだったことがよくわかりました。

もし、機会があったらぜひ見てみてください。ドキュメンタリーなので、ハリウッド系に比べないように(笑)たぶん、シネモンド系な映画だろうなぁ。
by mimicafe2007 | 2008-09-15 14:41 | ひとりごと

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30