料理学校44日目…クラフト生地でつくるアップルケーキ

English Here

今日も小技(小枝じゃないよ)大行進です(笑)今日はクラスト生地(パイとタルト生地の中間みたいな生地)を使って、リンゴのクラフトケーキを作りました。う〜ん、リンゴのシナモンで煮詰めたフィリング、大好きです。
c0120817_1241501.jpg
c0120817_1242936.jpg
c0120817_12424492.jpg
こちらは友人ニコール作。
c0120817_1243323.jpg
ほんとは、こういう基本を作らなきゃいけないんだけど、ベーキングはアートである(笑)人並みから外れてます、毎日。
c0120817_1245667.jpg
これを見た友人、さっそくウエディングケーキの依頼が(笑)でも、その前に彼をみつけなきゃ!とコメントあリ(笑)
c0120817_12463085.jpg
サチコ特製フィッシュパイ、みんな笑ってた!
c0120817_12473214.jpg
c0120817_12475181.jpg
最後、あまった生地を渡されて、これで皆の分つくってきてねー!!!だって。大量の生地、さてどうするか(笑)

c0120817_1249671.jpg
学校帰り、近々引っ越すことになり、ルームシェア先を探している最中なのですが、一件コンタクトできて拝見してきました。ブルックリン。A列車にのって、指定された駅に降りたのですが…列車の中は黒人の方々ばかりで、ちょっと私浮いてた?もう一つ別の駅を使えば良かったかなと思いつつ、メイン通りを横に折れると、なかなか新しい物件が並んでいる。駅のエリアにもよりますが、もう一つの駅の近くだし不便ではなさそうだ。しかも、先日遊びにいったローレン家の3ブロック先である。駅までは5分もかからず、お気に入りのエリアに一直線でいけるし、マンハッタンは30分圏内だろう。
オーナーはミュージシャンだそうで一階に住んでいます。部屋に案内されると、二階に2人ルームシェアしていて、一方の一人はなんと、日本人でした。なんだか奇遇でした。この辺りの治安は良いそう、ルームシェアというけど、個人の環境がちゃんと守られてるし、生活環境は良さそうです。しかも、案内された部屋は六畳なんですが風通しよく、しかもトイレと風呂つき(おニュー)で、まさに一人暮らしの環境です。まあ、まだ調べてはいますが候補としてとってあります。
c0120817_1317371.jpg
ちかくのカフェで。「TINY CUP」というお店。なかなか宜しいじゃないですか。
c0120817_1318589.jpg
c0120817_13182832.jpg
c0120817_13185654.jpg
c0120817_13193296.jpg
そのあと、ベッドフォードアベニューに寄っていく。
c0120817_13201877.jpg
c0120817_13203866.jpg
北欧系の家具やさん。
c0120817_13212387.jpg
c0120817_1321495.jpg

by mimicafe2007 | 2008-04-30 13:24 | SCHOOL

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31