きっこちゃん家に初訪問〜太陽光あふれる部屋〜

English Here

え、ここホテル?ジーパン姿で入れるのか…と疑いながら、なんとも、きっこ嬢はどえらいところに住んでいるんだなあとマンションのロビーを見渡す。一流ホテル顔負けなロビーである。
ドアマンに連絡してもらい、上階へ。「ピンポーン」部屋の奥から何ともさわやかな声が「は〜い」彼女が扉を開けると、そこはもう太陽光がめいいっぱい溢れる暖かな雰囲気。
「いらっしゃい」とにこやかな笑顔で迎えられる。するすると窓辺に引き寄せられた、その眺めは…
c0120817_2252520.jpg
ワールドトレードセンター跡地である。
c0120817_226202.jpg
まるで模型を見ているようである。遠くにはハドソン川が光で反射してキラキラと輝き、遥か向こうのジャージーシティが「お〜い」と手をふっている。
私の口から「すごい」といった感嘆言葉しか出ていなかったように思う。素晴らしい眺めと、くつろぎ感たっぷりの部屋とは裏腹に私たちの会話は津波のごとく盛り上がり、いったいここはニューヨークなのかと疑ってしまうばかりである。
そう、七尾弁がてんこ盛り(笑)彼女とは中学の同級生。他の同級生の懐かし話や結婚生活、私の学校について、将来の方向性、能登地震…彼女のご両親が経営する老舗温泉旅館「加賀屋」での被害はそうとうだったよう。あらためて地震の恐ろしさを体感しました。まあ、揺れましたものね。そして、9.11テロのこと、それからそれから、まだまだ続く会話。「そーねんて」「なんしとるげんろうね」「なんなんなん、ちごうげん」コテコテである。
c0120817_235531.jpg
おつまみのプロシュートも美味である。
c0120817_2361019.jpg
c0120817_2364695.jpg
c0120817_2374966.jpg
c0120817_2382056.jpg
毎日毎日、素敵な眺めをおがめられるとは、うらやましいかぎり。でも、私、思うんですよね。人は宿命というか運命というか、自分がいるべきところにいるってこと。その環境やシチュエーションも、その人がいて、それが活きてくる。だから、この光溢れる雰囲気とあたたかな環境は彼女の持って生まれた素質が表現されているんだと思います。彼女がどんなタイプの性格なのか、この溢れる光そのものだと思いますよ。一瞬、聖母マリア様かと思ったくらい、彼女がとっても素敵に感じましたもの。そんな彼女を手に入れた旦那はどんな人なのか…。
c0120817_2434934.jpg
彼女の旦那様が帰ってきて三人で食事。久しぶりの和風、手料理である。キュウリとわかめの酢の物、冷や奴。Simple is best!!! 旦那様はまた暖かな穏やかな癒し系である。彼女あっての旦那であり、旦那あっての彼女である。夫婦っていいなあと思わせるナイスカップルでした。
c0120817_247365.jpg
勝手に載せてごめんね〜、きっこちゃんの表情が良かったもので…。
c0120817_2474923.jpg
なつかしい、そうめんである!!!
c0120817_2481338.jpg
デザートは羊羹とカステラ。おなかはパンパンである。彼女も海外生活の経験は豊富。私にとってもいろいろ勉強になりそうです。今日はごちそうさまでした。きっと、日本在住の同級生たちも微笑ましく、このブログを見ていることでしょう。また、遊ぼうね!!!
by mimicafe2007 | 2008-04-20 02:50 | STREET VIEW

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31