細木流煎茶の入れ方

つい、渡米する前に細木数子さんのテレビ番組で「作法」が取り上げられていました。こういう日本の作法って案外、よくわかってなかったりするんですが、彼女の番組で良い面は(正確かはわからないけど)何気ないけど必要な場面を学べるということ。
先日は「お茶」について。日本茶…煎茶、ほうじ茶、玉露、どんなシチュエーションで飲むのかという点で、煎茶、う〜ん、緑茶はすごくポピュラーです。うちにいるときは、沸かしてあるお湯を、いつでも飲みたいときにダーッと入れてたけど、きちんと温度管理すると、まったく味が違う。1番茶、2番茶、3番茶と、これも味わいがある、夫婦の如し…らしい。
c0120817_22245594.jpg
右手はカメラを持っているので、片手扱いになってますが…。沸騰させたお湯を湯のみに入れて、温度を下げます(1分くらい?)そのお湯をポットに移して、最後の1滴まで注ぐ。湯のみ二個の場合は均等に注ぐという。さらっと優しい透明感のある味わい。今までは雑に入れてたので、逆にそのほうが懐かしいかもしれない(笑)こちらのポットは昨日やっと見つけたものです。約2000円でしたが今後も活躍しそうです。ここんちはイタリア式なのでエスプレッソが主流。なので、次回はヤカンを探さねば…(今、鍋で湯をわかしてます)あと、魔法瓶も。
c0120817_22311828.jpg

by mimicafe2007 | 2008-02-19 22:38 | FRIENDS

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31