おさななじみ

私は、よく友人を尋ねるとき、かなりの突然で出没します。例えば、友人が東京の高島屋に働いていると、突然目の前に現れるといったように。今日はその逆で東京在住のおさななじみが七尾に帰ってきたので、うれしびっくり。昔懐かしの話で盛り上がった。しかし、自分では覚えていない記憶を友人という存在は細かくも覚えているのは、まことに面白いことである。昔、中学生の頃、「My Birthday」という占い雑誌がはやっていました。全プレっていうんだったか、全員にプレゼント!の略なんですが、そういうのでゲットした天然石のネックレス!これが私の部屋のここらへんに置いてあっただとか、部屋に窓が二つあって、そのうち一つは少し高い位置にあってね、どうやら私は彼女に、「ここの窓からみる月の眺めはきれいなの。このネックレスと一緒に見ると素敵なのよ」みたいなロマンチックなことを言っていたらしい。今とは考えられない言動である。なにはともあれ、旧友との話題は脳トレみたいなように感じました。
そんな彼女は東京広尾の素敵なフランス菓子のカフェに働いていて、写真はそのお店のお菓子です。とってもおいしかった。さて、そんな中、芸能人情報でもりあがりましたよ。先日は松田聖子さんがいらっしゃって、めちゃかわいかったそう。森いづみさんもスタイル抜群でお茶しにきたよとか、ルー大柴も味見していった…などなど、ああ、東京って芸能人が多いのね。まあ、そんな彼女は昔は少年隊まっしぐらでしたが(笑)そういえば、中学生の時に彼女と一緒に芸能プロダクションにオーディション申し込んだんです(笑)当時、キョンキョンが在籍していたプロダクションでした。彼女は歌手希望、私は俳優希望で。1次審査は皆合格するらしいが、2次審査で、彼女はテープに歌を吹き込む、私は台本の台詞をテープに吹き込むという課題があたえられ、それプラス3000円の費用がいるという。当時、中学生の3000円は高価きわまりない金額でしたが、わたしは祖父に書類を見つけられてしまい、やむなく断念。彼女も断念するはめに…。いやあ、おかしなことをする二人組でしたが、やはり、今もなお、おかしな二人といったところでしょうか。共に嫁にもいけずのフルイにのこった塊です(笑)
c0120817_22584725.jpg

by mimicafe2007 | 2007-09-10 22:58 | ひとりごと

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30