お料理バトン

English Here

なんだかんだと多忙な毎日で、唯一わたしの息抜きのひとときでもあるブログがなかなか書けなくって、涙している今日このごろ。ほんっとに、いろいろイベントがあって、がんこなくらいにたまった写真の数々。そういえば、昨年の日本里帰りの日記すらアップしてない〜。ま、ぼちぼちやってきますだ〜(笑)

さて、このブログを通して、ありがたいことに、いろんなお友達ができました。
ブログ同士でのコメント交換をはじめ、なにかと不思議なご縁がmimicafeのドアをノックします。
ドアを開けると、にこやかな笑顔や好奇心でいっぱいの笑顔が待っているんです。
ほんっと、mimicafeやっててよかったな〜と、旨い緑茶をすする気分にさせてくれます(笑)(←なんという表現なんだ〜。)

そんな中、お隣の町に住む「Flavor of my life」のブロガーeva88さんから、お料理バトンを頂きました。とっても素敵なライフを楽しんでいるeva88さん♪ありがとうございます!!!

さて、お料理バトン、いってみましょー。

c0120817_12112978.jpg


①お料理を始めたのはいつ?
小学校だったかな〜。料理というより、やはりお菓子作りが大好きでした。特にホットケーキミックスで作るドーナツ!!!

②お料理を始めたきっかけは?
母の作ってる姿を見て。でも、どっちかというと、小学校の中盤からお菓子にしても、何かこだわった、オリジナリティあふれる唯一無二なものを作り出してたかも。とくに、プレゼントとか。小中学校のときは、友人がバレンタインのチョコを教えて〜!と、家でチョコ作り大会とかやってたなぁ。なにかと、贈り物系には頼りにされてたかも(自分で言うなっつうの)

基本的には、仕事で飲食関係にどっぷりとつかっていたので、料理に近い反面、遠かったような気がする。その観念が、ニューヨークへ来て変わった。特に、うちの職場の昼のまかないランチが影響大なのであります。

③お料理をしていて良かったことは?
素材の旨味とか、歯ごたえとかをじっくり楽しめて、舌が肥えてきますね。自分で作るから、自分で自分の好きな味を楽しめるし。そんでもって、とってもヘルシーにも調節可能だし。料理が好きっていうのは、世界共通のキーワード。奥深し。

c0120817_12542980.jpg


④お料理していて悪かったことは?
味が決まらなかったとき。自分のためだけなら、パスタが半湯でであろうがかまわないけど、誰かが食べるとなると、やはり、せめて、なんとか食べれる味にしないといけない。

⑤自分の腕を思う存分褒めてください。
料理を始めて、料理を完成させるまでに、洗い物も全て終わらせる事。旦那が、たいがい食事あとのキッチンを片付けるのですが、「はぁ?僕の出る幕ないじゃないか〜」と言われるのが、たまらなく誇りに思う(がははは、これって、自分の料理の腕前じゃないじゃないか〜!!!)

⑥自分は料理に向いていると思う?
どっちかというと、男料理。こりまくったら、止まらない。
んでもって、う〜ん、主婦系じゃないような気がするなぁ。(一回、一回のエンゲル係数が高いよ〜。ん?エンジェル係数?冗談)

⑦主に何を作ってる?
野菜&パスタの組み合わせしか作ってない〜。やばいぞ、さちこ!!!

⑧あなたの料理に欠かせないものは?
スパイス。もちろん、愛情もピリピリ入れます。

⑨ずばり、あなたにとって料理とは?
自分自身。料理は自分の鏡。イライラしてると荒っぽく味が決まらないし、誰かのために♡となると、ハッピーな味わいになる。そんな気がするね。(部屋もそうね、心がすさんでると、部屋も散らかってるし、きれいな部屋だと、気分もいいし)
あれ?ということは、最近、パスタと野菜の組み合わせしか作ってないとなると、私自身、だらけてるってことか〜!!!)

⑩次に回すお料理上手さんをどうぞ!
お料理教室など、いろいろ挑戦している、まさに「フレッシュ!」な「Tae's Kitchen」のTaeさん、

姉さまこと、バリバリ料理人のpomponetteさんを推薦。
お時間があれば、よろしくどうぞ〜。

(これってエキサイトブロガーだけなのかな?それ以外でも、推薦したい人いっぱいいます〜)

↑やっぱり、わたしの大好き&尊敬&まぶだち(この呼び方古い?)のヒサ子姉さんにバトンを渡したいので、「Hisako'sCafe」ヒサ子姉、よろしく!!!
by mimicafe2007 | 2010-04-17 12:55 | FOODS

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko