姉御モードになってます(笑)

English Here

この日は、カナダから語学留学を終えたばかりのaiちゃんと会うことに、お初です。
電話の声で「じゃぁ、ホールフーズの前で待ち合わせね」とかわいらしい声の彼女。初めて会うのは、ちょいと緊張するもんだ。
待つ事、1分、どうも日本人らしきトレンチコートを来た女性が横で誰かをまってる。一瞬、目があったんだけど、頭の中で「この子かなぁ、声をかけるべきかな、でも、もうちょっと待ってみよう」と5秒待ち、「いや、もしこの瞬間がへんに、よそよそしく『あ、どうも〜』っていうのも変な感じだし」ちょっと客観的に時間が止まったようで、隣同士にお互いを待ってる…なんてわらっちゃうよ〜。しかも彼女は、かなり大人っぽいし。(ちょっと自分の身なりを考慮してみた)
と、そのとき、真っ白いダウンを来た蒼井優ちゃんが目の前に現れた!(最初のイメージ)ニコッと横おじぎをして。
いやはや、とってもキュートでカワイイ子じゃないの〜!!!と、挨拶かねがね、寒い現場から退散しようと「おなか空いてる?サンドイッチ食べに行こう!」と、わたしの奥にひそむ「姉御肌(わらっちゃうぜー)」が飛び出した。
足早にベトナムサンドイッチのお店に入りました。もっとお洒落なカフェが良かったかな〜、でも美味しいから良しとしよう!と頭の中では、ドキドキしながら(笑)自然と「お姉さんがごちそうするから、まぁまぁ、はいはい、店に入ろう」ともう、おじさん化してる〜(笑)

c0120817_0423975.jpg


五香粉味のポークと梨と人参などがはいったボリューム満点のベトナムサンドは、がんこにうまかった。
さて、彼女の話を聞いてると、オーガニックや自然食、マクロビに興味を持つようになり検索していたらナチュラルグルメの学校に出くわして、そこからつながって私のところにやってきたそう。数々のいい加減なわたしの家庭料理(親がこれを読んだら、まさしくいい加減だ&太鼓判と思うにちがいない)を見て「わたしも、こんなふうに料理をつくりたい」と(照)
でも、語学力とか、料理のリの字もわからないし、でもでも、この体の中からあふれんばかりの料理に対する興味心は今まで感じた事もないくらいに強烈なんです!!!とのこと。
そして、計算すると彼女と私の年の差17歳!!!バンザイ!であります。
私たちは、おおいに盛り上がり、しかも具がこぼれそうなサンドイッチを手にし、食べるのも忘れるくらい盛り上がってて、いつの間にか手はギラギラ&冷たくなってました。

今回は、ちょっとお話が聞きたくて!と、友達に相談したり「どうしよう、気になる人がいるんだけど」「とうとう、メールを送ったよ!ちょードキドキ」「返事来るかな?」「こなかったらどうしよう」と思っていたようで、なんだか初恋相手にアタックする気持ちに似ているではないか(懐かしい、わたしも若い頃は、こういう気持ちいっぱいしたよ→おばさん化しとる)

なんか、こういう話をしてると、とっても応援したくなってね(がはは)ついつい(ろくに経験も豊富じゃないけど)説教じみた演説とわたしの歴史なんかをを話してた(笑)
これが彼女にどう映るのかはわからないけど、なにか人生に一生懸命になるっていうことはとっても大切だと思います。年齢は関係なしに、失敗、成功も関係なしに、いろんな自分を試していくと、ある日ふと、まっすぐな自分に出会えると思います。
しかし、縁っていうのは面白い。そこから、どんなふうに繋がっていくのか楽しみ。ほんとブログやってて良かったなと思いました。どこかで誰かが、なにか「きっかけ」をつかんで新しいドアを開けたい!と活動力がポンと飛び出してもらえたら…(長いぞ、文章)という願いが叶った気分。

まだ、数日ニューヨークにいるとのことで、またすぐ再会しましょ。

c0120817_153875.jpg

by mimicafe2007 | 2010-01-31 01:07 | FRIENDS

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30