おもしろいぞ黒澤映画

English Here

最近、黒澤明監督の映画にはまりつつあります。白黒映画とはいえ、彼の映画は何か隠し味がひそんでいて、ハリウッドとか最近の映画にはないような、そうねぇ黒砂糖のような旨味を感じますよ。
昨日は、たまたま黒澤映画特集がニューヨークの映画館でやってて、アンドリューが行きたい行きたいと言うので行ってきました。

小さな映画館、小さなスクリーンなんだけど、満席なんですよ!!!
昨夜は二本立てで、お得な$12。そういえば、日本の映画も昔は二本立てだったね。たのきんトリオのメイン映画のあとに、しぶがき隊の映画だったり(笑)あんときゃ、マッチのファンやったわ(がはは)

さて、この日の1本目は「ONE WONDERFUL SUNDAY / 素晴らしき日曜日」1947年の映画です。
白黒映画って、その人の好みもあるけど、カラーとモノトーンっていうとやっぱカラーに見慣れているだけあって、なかなか白黒は入りにくい世界だったんです、わたしにしたら。
c0120817_083462.jpg

戦後の復興した(多分東京)町に住む若者カップル、しかし、不況の中、自由気ままな生活は出来ず、マイホームなんて夢のまた夢。でも、一緒に暮らす夢を見つつ、1週間に一度の日曜デートを楽しみます。
ちょっとネタばれしちゃうけど、いいかな?
その一日を映画1本でまとめてるわけなんだけど、2時間?かな、これがすっごく長く感じたし、1週間を2時間で短縮するスゴさが後から伝わってきた。でも主人公にとって、この1日は長いんだろうか、短いんだろうか。さて、これは私のつぶやきであって、この主人公カップルが交互に、はしゃいだり、ふてくされたり、気持ちが一体化したと思ったら、ぶつかりあったりと、まぁ「落ち着けや!」と言いたくなるのだけど。
「ねぇ、行きましょうよ!」
「いやだ、行きたくねぇ」
「でも、素敵なところよ!」
「ぶつぶつぶつ」
とまぁ、男女の特有な会話です。これが、次に、
「まだ、怒ってるのかい?」
「うえええええぇぇぇん(泣く様子)」
「ごめんよ、ごめんよ」
「うっうっうっ」
「もう、泣くなって」
「うええええええええぇぇぇん(さらに声が増す)」
と、こういう会話が、交互に交互に繰り返されるわけで、一日のデートで何処行こうか、行ったわいいけど、お金がなくって急にむなしくなったり。
中盤あたりまで、こういうやりとりが続いたので、私的には、いつどんでん返しが来るの?いつ、いつ?と心の中で叫んでいたのですが、それは思わぬ展開になったのです!!!
男女がデートで楽しむお金がなく、ふと野外音楽堂の看板を見つけ、そこに行くわけです。
もう、夕方の終わりの時間、誰もいない廃墟化してる(?)音楽ホール。男が「指揮者をやるぞ!想像できるかい?ほら、みんな音合わせしているよ!」と「ええ、聞こえるわ!聞こえるわ」と女。でも、男は数分、指揮をすると現実に戻り、むなしさを取り戻し止めてしまうわけ。そこへ女が駆け寄って、壇上にあがり、会場のみんな(会場には二人だけなので、ほかは誰もいないのです)に呼びかけるのです。
「みなさん、この貧しいカップルに盛大な拍手をください!」と涙ながらに。

ここが、黒澤マジックなんでしょうかね、突然、映画がスクリーンが私たち観客に呼びかけてくるんですよ!!!!!圧巻されました、特に感動する映画でもないんだけど、うるっときましたよ、自然に。だって、ほんとに映画を見てる観客が拍手して、会場一体がひとつになったんだもの!!!!!びっくりしました!!!!!もちろんアンドリューも、うるっときてました。

最後は、楽しい日曜だったね、また来週!とバイバイして映画は終わるわけです。
ごめんなさい、ネタバレばればれでしたが、これは映画館でみると抜群ですね、DVDだと迫力はここまで出るんだろうか…

「THEY WHO TREAD ON THE TIGER’S TAIL / 虎の尾を踏む男達」1945年の映画です。
c0120817_033418.jpg

写真を見ても、この映画(ショートムービー約1時間)を見たい!って興味がわかなかったんだけど(あたしゃ歴史もうといから、ちょっとこういうのはわからんだろうとタカをくくっていたんだけど)これは、意外だったわ。
弁慶&義経の時代背景で、弁慶一行が義経を別の地に移動させるためヤマブシになりきって、とある難関な関所を通り抜けるというストーリー。もう、古い映画フィルムだから縦線とメチメチ言うノイズがいっぱいです(なかなかいいけどね)
この映画、何がツボかっていうと、ちょい役&メイン役の荷物持ちの男。アンドリューは彼の好きな映画「茶の味」にでてくるグランパだ!(我修院達也さん)と絶賛。そうやね、木梨憲武さんのノリダーっぽいし、ナイナイの岡村さんぽいし…っていうか彼の名は榎本健一「日本の喜劇王」通称エノケンさんでした!弁慶役は海老蔵さんに似てるし(笑)
このショートムービーはDVDであるんだろうか…、いやぁ笑いました。

たまには日本の古い映画も粋ですよ!!!
by mimicafe2007 | 2010-01-21 01:00 | Movie

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30