赤のお茶会 

English Here

c0120817_21203015.jpg
いやぁ〜、すごい日本人がいるもんだ。友人のおともだちだそうで、「彼がNYで面白いことするから行ってみて」地図で調べると、あれ、うちの職場のすぐ近く。歩いて1ブロックのところにある小さなギャラリー。
[#IMAGE|c0120817_621341.jpg|200907/07/17/|mid|480|640#
赤い傘が目立って、それを取り囲むようにたくさんの見物人が集まっていました。
c0120817_6222542.jpg

彼はこのような赤をモチーフにしたアートを展開中で、ご本人の美術館まで日本にあるそうですよ。
彼の名は「ケン ハマサキ」海外を飛び回っている注目のアーティスト。彼がどうして「赤」なのか?
「本来、人間は赤が好きなはず。母親の子宮の中が赤なのだから」だそうですよ。

浜崎健立美術館 http://www.kenhamazaki.jp/

c0120817_6284596.jpg
全て赤に統一されてました。
c0120817_6292475.jpg
どうやら次のゲストは外国の方。
c0120817_630065.jpg

お菓子をいただきます。なんかキャラメルみたいに見えましたが、このおじさん足がきつそう。
c0120817_6302524.jpg

c0120817_6314172.jpg

c0120817_632843.jpg

どうぞ!
c0120817_6324260.jpg
この間、じっと瞬きせず見つめてます。
c0120817_633059.jpg

なかなかのお手前で!
c0120817_6334129.jpg

このあと、彼はお菓子の空箱を裏表反対にして、ポストカードと一緒にお客様にわたします。そして、黄金の陶器に「チーン」と鐘をならすようなことをして終了の合図とします。(木魚を叩くときに、別物でチーンって鐘をならすでしょ、あんな感じ)



何と言っていいのやら、いやぁ、今度はブルーマンを招いてほしいものです。
by mimicafe2007 | 2009-06-27 21:22 | STREET VIEW

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30