Sun-dried Tomatoes Muffin

English Here

料理研究家にはおよびませんが、開発がとっても楽しい今日この頃。今日は、ドライトマトをつかったマフィンを作ってみました。
c0120817_2422180.jpg
朝食マフィンにはもってこい!食感はというと、甘さは自然であって、ドライトマトの風味が生きていて、ナッツのクリスピーな感じと干しぶどうの甘さが助け合い、うん、美味しかった♡バターを使わず、オリーブオイルと水と玉子という組合わせ。
c0120817_2463467.jpg

ではでは、マイレシピ公開します!

Sun-Dried Tomatoes Muffin (Serves 8/8個分)

A   1 cup / All-Purpose Flour(中力粉→なければ薄力粉と強力粉を半々でもいいと思います)
   1 tsp / Baking Powder(ベーキングパウダー)
   3 TBS / Brown Sugar(ブラウンシュガー→三温糖でも可)
   2 TBS / Almond Flour(アーモンドプードル→なければ中力粉で)

B   1 pinch / Salt (塩ひとつまみ)
   1/4 tsp / Black Pepper(黒コショウ→好みで調節してください)
   1/2 tsp / Dried Rosemary(乾燥ローズマリー→お好きなハーブを)
   1/3 cup / Sun-dried Tomatoes(ドライトマト→1センチ角切り)
   1/4 cup / Sunflower seed(ヒマワリの種→カボチャの種もおすすめ)
   1/8 cup / Golden Raisin(ゴールデンレーズン→普通のレーズンでも良い)
   1/4 cup / Parmigiano Cheese(パルメジャンチーズ→スライスor粉末)

C   2 each / Eggs(タマゴLサイズ)
   4 TBS / E.V.Olive Oil(エクストラバージンオリーブオイル)
   4 TBS / Water(水)

オーブンに入れる前のトッピング/黒コショウとチーズ、岩塩を少々(好みで)
焼き上がったあと、冷めてからのトッピング/パルメジャンチーズとドライトマト

*tspは「ティースプーン/小さじ」TBSは「テーブルスプーン/大さじ」

準備時間はだいたい15分ほど。
350℉ 20min/180℃ 20分

準備するもの
c0120817_3245922.jpg

白い器のかわりに、そのくらいのサイズのボールを使ってください。(うちにはボールが一個しかないんです(泣))マフィンパンは深さ2.5センチ、幅7.5センチのものです。もし、マフィンパンがなければ、パウンドケーキ用のパンや、ご家庭にあるもので大丈夫。ただ、焼き時間は変わってくるので、マフィンより小さめのものなら10〜15分前後、パウンドケーキ型なら40〜50分(クシをさして、べっとりしたのがついてこなければOK。

<作り方>
まず、オーブンを温めておいてください。
大きめのボールにアミアミのザルをのせて、Aの粉系をすべてふるってください。

つぎにBを全て、粉類にまぜて、かるくミックスしてください。

別のボールにCをいれて、泡立て器でしっかり混ぜてください。

粉類にミックスしたCをいれ、ゴムベラでよくまぜてください。生地が適度に合わさればOKです。混ぜ過ぎにならないよう、適度に!

マフィンパンに紙カップをしいて、3/4程度に生地をいれます(スプーンで)そして、このみで粗めの岩塩(フランスとかイタリアの海の塩が美味しい!)をパラパラっと。ついでに粗挽き黒コショウやチーズも(ちょっと贅沢)

そしてオーブンへ!!!

さましてからトッピングしてください。(ただ、食べると横に落ちてしまいますが(笑))
c0120817_3411078.jpg


さあ、食べてみましょう!
c0120817_3432323.jpg
続きはぜひ、ご家庭でつくってみてください。(作った方、感想お待ちしております)
c0120817_3443278.jpg

by mimicafe2007 | 2009-03-30 03:45 | RECIPE/KITCHIN

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31