映画TOKYO三昧

English Here
 
先々週、DVD「Shall We Dance?」を見てからすっかり日本ブーム。しかし、ちょっと前の映画にしては、かなり年代が昔のように感じました。
さて、先月、外国映画賞を受賞した「おくり人」よかったですね。私は飛行機の中で見て一人号泣してましたが(笑)なにかしら、外国に関連する日本映画の俳優人は、結構同じメンツにも見えますが…。

ここ、ニューヨークでは今週金曜から「TOKYO-SONATA 東京ソナタ」「TOKYO!」と東京を題材とする映画が始まりました。どちらもカンヌ映画祭出品作品だったはず。で、わたしたち、とうとうハシゴしちゃいました(笑)ニューヨークの映画は大人一人約12.5ドル。郊外のほうでは11ドルと少し差がありますが、日本とそうかわりません。
c0120817_11354647.jpg


こちらは、芸術を愛する人がたくさんいますので、映画館もそこらじゅうにあったりしますが、席数はわりと小さいです。
c0120817_1137590.jpg
West 4thにある「Independent Film Channel / IFC」という日本でいうとシネモンド(金沢)系の映画館で「東京ソナタ」を見てきましたが、イス(ソファ)がよかった!!!座り心地がナイス!!!
c0120817_11392391.jpg
さて、内容はというと、普通の家族が崩壊ぎりぎりで再生へと戻る…そんな内容。香川照之さん、小泉今日子さん主演です。ちょい役で役所広司さんも。キョンキョンはたしか、「空中庭園」という映画でも同じような役柄を演じてたような…。観客はほとんどがアメリカ人と、やはりちらほら日本人も。映画の最後は拍手がおくられてました。期待していた映画だったけど、なんだか静かな映画だったな…と。どちらかというと「フラガール」系のほうが好みである。ハリウッド映画を見て、違和感を感じさせない情景だけど、日本映画は何かしら、違和感がある。昼のドラマの舞台背景のほうが日本の家庭っぽい味わいがでてるのは何だろう。ま、私の意見なんですが。

c0120817_11392776.jpg
「TOKYO!」は外国人監督が日本人役者などを起用した3つのストーリーからなるオムニバス映画。こちらも満席。ちょっと風変わりな内容でしたが。笑いありの…。う…ん。
c0120817_1140563.jpg
一部は若者男女のストーリーで、日本の若者の素性が見れるような…なんと説明すればいいのやら。でも好きだったな、このストーリー。いかにも東京って感じがしました。二部は、これまた、なんと言おうか…、マンホールの怪人のお話なんですが、奇妙というか、こっけいというか。みんな笑ってましたが…。ブラックユーモアです。三部は蒼井ゆうさんと香川照之さんの引きこもりのストーリー。「東京ソナタ」の香川さんとはまったく別なんですが…。蒼井さんのタトゥーに触った瞬間、髪の毛がぶわっと立ち上がるシーンがあって、まさにジブリの世界だった(笑)好きな人には好きな映画だろうね。
c0120817_1147343.jpg
映画もいいもんですよ。ニューヨークで日本の映画が見れるなんて、ほんとうれしいですね。

ちなみに、ニューヨーク図書館にも無料でDVDの貸し出しがあって、日本映画もちょびっとありましたが。これらをみた外国人が「日本人ってこうなんだ〜」って思われると、いかがなものかというような映画が…。B級のホラームービーが…結構あったりして。市川監督、小津監督などの有名なものもありますが、松本清張作のものもあったり…。ただ、かなり古く、名が知られてないようなものが多かった。日本映画はいいもの、たくさんあるんだから、もっと売り込めばいいのに!な〜んて思ったり(笑)今年は映画にはまりそうです。
by mimicafe2007 | 2009-03-15 16:01 | HOBBY

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30