ありがとう

English Here


わたしが、こうして今を楽しんで挑戦していられるのも、過去で培った経験があるから今があるのだと思う。
自分の過去の人生で20代中盤から後半にかけて、仕事での現場がわたしの人生の基盤をつくったとしか言いようがない。仕事は大人が生きて行く上で、きってもきれないもの、そして人がいなきゃなりたたない。仕事を中心に人間関係ができあがり、自分の人間形成も出来上がっていく。学生時代とはまた違う社会である。

私は、オンとオフの使い方がさっぱりで、ずっとオンのままというか、仕事=プライベートな感覚で、そんな中がむしゃらに生きていたので、浮き沈みも激しいし、感情も起伏が激しい。そんな中、レストラン業界というフル回転な世界に入ったものですから、さらに複雑な性格に(良い面も悪い面も)なったように思います。男勝り?って感じでしょうか。そんな基盤が作られたのが、20代中頃に入ったビストロでした。

こんな破天荒なジョシ(女子)でしたが、人生で一番笑ったのも泣いたのも、この時期だったように思います。失敗も数限りなく、成功といえば、覚えてないけど、たくさんの「ありがとう」という言葉や笑顔をいただいたことが印象的です。その土台にいたからこそ、こういった経験ができたんだと思うと、いくつ感謝があってもたりません。

そして、たくさんの仲間ができました。その土台を通して、ほんとに素晴らしい仲間が。同世代もいれば社長クラスの方々、レストランの経営者の方々に、同じタイプの仕事をしている人達…。そして、お客様。なによりも、今でも連絡があったり、どこかでであっても会話してくれたり、でも唯一、私という個人でなく、バックグラウンドに土台がある私だからこそ、その仲間と交流があったりします。

そんな、大きな土台にひきこんでくれたBOSSが遠いところにいってしまって、正直、放心状態です。

BOSSに引き込まれた飲食業界、今、あらたに自分の道に進もうと何とかやってますが、影響はその頃から培ってきたもの。最近は、つねにBOSSやお店のことは頭にあったし、一次帰国したとき、お店で修行の成果だせないかな〜って考えたり、BOSSに相談しないとなぁ、とか。もうすぐ正月だし、年賀状しかり顔出ししなきゃって考えていたところ。

いろいろ思い出されます。
ほんとに…

そして、BOSSが残してきたものがはっきり見えます。人とのつながりだなって。
連絡を知らせてくれた知人から、たくさんの懐かしい同業者の名前や、当時バイトしていたみんなの名前、いろんな人達が繋がってるのが感じられました。BOSSを通じて、知り合った方々からも連絡があり、BOSSの一番大切にしているものが、しっかりと繋がってるって。

そして、わたしもそのBOSSの心情を受け継ぐかのごとく、一番大事にしたい「ひととの繋がり(輪)」をさらに大事にアクティブにしたいと思うばかり。

わたしの土台はまだ、わたしの中で活発です。BOSSからいただいた沢山の経験を活かして、これからを開拓するのが私からBOSSへの親孝行。

ありがとう。

毎年、大晦日と年明けの顔合わせのときの大きな握手は、いつもやる気を出させてくれました。

本当にありがとう。
c0120817_2451765.jpg

by mimicafe2007 | 2008-12-08 02:53 | ひとりごと

Cake Designer Sachiko's New York Life

by mimicafe Union + Sachiko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31